第213回:ホンダが描くジドーシャの未来を体感!
「ホンダミーティング2013」を動画で紹介

2013.11.28 エッセイ

実はホンダが世界初

ホンダが目下研究中の次世代技術を、乗って、走らせて体感できる「ホンダミーティング」。今年の注目は、桃田健史さんのエッセイにもある通り、走る姿を初披露……どころか、試乗までさせてもらった新型「シビック タイプR」なのですが、今回はそれ以外にも、クルマの未来を感じさせるさまざまな技術が披露されました。ここでは写真と動画を交えて、それらを紹介していきたいと思います。

まずはデイリーユースに寄与する次世代技術を紹介するコーナーから。

会場のテントの横では、コーヒーメーカーの電気を「FCXクラリティ」がせっせと発電中。ホンダは2015年の市販化をめどに、現在水素燃料電池車の開発を進めている。
会場のテントの横では、コーヒーメーカーの電気を「FCXクラリティ」がせっせと発電中。ホンダは2015年の市販化をめどに、現在水素燃料電池車の開発を進めている。
こちらは、信号機からの情報を受け取り、ドライバーに赤信号にひっかからないような運転を促す路車間通信技術を紹介するシミュレーター。CO2排出量の低減やスムーズな交通に寄与するだけでなく、ドライバーのストレスも軽減してくれそうだ。
こちらは、信号機からの情報を受け取り、ドライバーに赤信号にひっかからないような運転を促す路車間通信技術を紹介するシミュレーター。CO2排出量の低減やスムーズな交通に寄与するだけでなく、ドライバーのストレスも軽減してくれそうだ。
会場には新型軽乗用車「N-WGN」の姿も。ターボ車、自然吸気車の両方を試乗した。
会場には新型軽乗用車「N-WGN」の姿も。ターボ車、自然吸気車の両方を試乗した。
動力性能については、自然吸気エンジン車でも不足はなし。最近の軽乗用車は、本当にすごい!
動力性能については、自然吸気エンジン車でも不足はなし。最近の軽乗用車は、本当にすごい!

■「ホンダミーティング2013」の会場から(その1)

こちらは一般ユーザーの間でもおなじみとなりつつある「ぶつからないクルマ」の技術。こうした自動ブレーキは、一昔前まで「プリクラッシュブレーキ」などと呼ばれていましたが、実は最初に実用化したのはホンダで、2003年のことでした。当時は完全停止までするのではなく、車速を落とすことで衝突被害を軽減することが目的のものでした。

動画で紹介しているのは、間もなく実用化予定の最新版。突然前方の出現した人影もしっかり認知し、雨の中、50km/hの車速から衝突を回避していました。

もうひとつ楽しませていただいたのが、ウワサの新型軽自動車「N-WGN」の試乗! 2013年11月20日発表の新型車であり、開発に関係のない外部の人間が試乗するのは、これが初ではないでしょうか?

コースは、長い直線を往復するだけのシンプルなもの。路面もきれいだったので乗り心地までは分かりませんでしたが、コーナーでぐらりとロールしない、昨今の軽乗用車らしいしっかりとした乗り味でした。加速力は自然吸気エンジン車でも不足なしですが、エンジン音がにぎやかになるのは3気筒660ccの宿命でしょうか。それが気になる人、モアパワーを欲する人はターボをどうぞ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ