スズキ、35.0km/リッターのアルト エコを発売

2013.11.19 自動車ニュース
「スズキ・アルト エコ」
「スズキ・アルト エコ」

スズキ、燃費35.0km/リッターの「アルト エコ」を発売

スズキは2013年11月19日、軽乗用車「アルト エコ」に一部改良を実施し、同年12月18日に発売すると発表した。

 

今回の一部改良では、エンジンの圧縮比を11.0から11.2にアップしたほか、燃焼効率を向上させるために燃焼室形状を改良。低フリクションのエンジンオイルの採用や、エンジンオイルポンプの変更により、摩擦抵抗を低減した。

また、エンジン内部の部品の変更によって油圧特性を見直し、VVTの作動領域を拡大。さらにエンジン制御とCVTの変速制御の変更により、より低いエンジン回転域での走行を可能とした。

これらの改良により、燃費をFF車で33.0km/リッターから35.0km/リッターに、4WD車で30.4km/リッターから32.0km/リッターに改善した(いずれもJC08モード)。

このほかにも、FF車に寒冷地セットオプションを新設定するなど、寒冷地向けの装備を強化。寒冷地セットオプション装着車と4WD車には、エンジンを始動してからヒーターが効き始めるまでの時間を短縮した専用のエアコンを採用した。また、これまで「ECO-S」の4WD車のみに装備していたヒーテッドドアミラーと運転席シートヒーターの採用車種を拡大。前者を寒冷地セットオプション装着車と「ECO-L」(4WD車)に、後者を「ECO-S」(FF車)の寒冷地セットオプション装着車に設定した。

また、ボディーカラーには赤(フェニックスレッドパール)とピンク(シャンパンピンクパールメタリック)を新たに採用した。

価格は83万8950円~104万3700円。

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る