パナソニックがテスラ用のバッテリーを増産

2013.11.19 自動車ニュース
「テスラ・モデルS」
「テスラ・モデルS」
    拡大

パナソニックがテスラ用のバッテリーを増産

パナソニックは2013年11月19日、都内で記者会見を開き、同社が新型EV「テスラ・モデルS」用に生産するバッテリーの供給状況について説明した。

「モデルS」に用いられる、パナソニック製のリチウムイオンバッテリー。
「モデルS」に用いられる、パナソニック製のリチウムイオンバッテリー。
    拡大
こちらは「モデルS」のベアシャシー。写真奥が車体前方にあたる。中央、板状に見えるフロアパネルの中に、数千個(テスラ発表)のバッテリーが敷き詰められている。
こちらは「モデルS」のベアシャシー。写真奥が車体前方にあたる。中央、板状に見えるフロアパネルの中に、数千個(テスラ発表)のバッテリーが敷き詰められている。
    拡大

パナソニックがテスラ用のバッテリーを増産の画像 拡大

「モデルS」は、アメリカのテスラ社が手がけるセダン型の新型EV。パナソニックは、そのエネルギー源となるリチウムインバッテリーを供給している。

そのバッテリーセルは、ノートPC用のバッテリーなどで培ってきた技術を元に、EV用の基幹部品として開発されたもの。個々のサイズは人さし指ほどの長さ・太さで、テスラによれば、モデルS一台につき数千個が用いられる。
素材には、高性能・高品質を実現したというニッケル系材料が使われる。「日産リーフ」などに使われるマンガン系のものとは異なり、特に、EVの航続距離につながる電池容量の点で優れるという。
また、電極や部品が低抵抗であることもセリングポイント。こうした長所が、「モデルS」の優れた加速性能(0-100km/h=4.4秒)につながるとされる。

パナソニックは今後、テスラの需要拡大に、工場の生産能力を増強するなどして対応。2014年から2017年にかけての4年間で、約20億個のリチウムイオンバッテリーを供給する予定だという。

(webCG 関)

関連キーワード:
モデルSテスラ電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • テーマは“夏のヴァカンス”、「ルノー・カングー」の限定車発売 2018.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月13日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、同年5月24日に200台の台数限定で発売すると発表した。“フレンチアルプスの山と空”をイメージしたという2色の特別なボディーカラーを特徴としている。
ホームへ戻る