ホンダの新型軽ハイトワゴン「N-WGN」登場【東京モーターショー2013】

2013.11.20 自動車ニュース
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」

【東京モーターショー2013】ホンダの新型軽ハイトワゴン「N-WGN」登場

本田技研工業は2013年11月20日、新型軽乗用車「N-WGN(エヌワゴン)」を発表した。同年11月22日に販売を開始する。

「ホンダNーWGNカスタム」(左)と「NーWGN」(右)
「ホンダNーWGNカスタム」(左)と「NーWGN」(右)
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」
「NーWGN」
「NーWGN」
「NーWGN」
「NーWGN」
「NーWGN」
「NーWGN」

「N-WGN」は、2011年12月発売の「N BOX」、2012年7月の「N BOX+」2012年11月の「N-ONE」に続く「N」シリーズの第4弾。
「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーブ」などの人気車が名を連ねる、軽最大の激戦区ハイトワゴン(全高1550〜1700mm)市場に導入されるニューモデルだ。

N-WGNのコンセプトは「あたらしいベーシック」。軽自動車という枠を超えた「欲張りなクルマ」を目指したという。
センタータンクレイアウトを採用するNシリーズのプラットフォームに、全高1655mm(4WDは1675mm)のボディーを組み合わせ、室内幅は1355mmと軽トップクラスを誇る。
後席は200mmのスライド幅を実現し、後席を最大限後ろに下げた状態でもA型のベビーカーを立てて収納できるという深さのある荷室を特徴としている。
室内の収納スペースも豊富に用意される。ボックスティッシュ4箱が収まるグローブボックスや、簡易的なテーブルとしても使用可能なドリンクホルダー付きの「センターコンソールスライドトレイ」、センタータンクレイアウトを生かし、傘や靴などを収納できる後席下のトレイなどを装備する。

搭載されるエンジンは、Nシリーズの658cc 3気筒DOHC 12バルブエンジン「S07」に、ツインインジェクション、ナトリウム封入エキゾーストバルブなどの技術を追加。軽量化と高効率化が図られたCVTとの組み合わせにより、燃費値は自然吸気モデルのFF車で29.2km/リッター、ターボモデルのFF車で26.0km/リッター(いずれもJC08モード)を実現している。
最高出力と最大トルクは、自然吸気ユニットで58ps/7300rpmと6.6kgm/4700rpm、ターボユニットで64ps/6000rpmと10.6kgm/2600rpmを発生する。

安全につながる装備も充実しており、運転席用i-SRSエアバッグシステムや前席用i-サイドエアバッグシステム、後席ロードリミッター付きELRシートベルトの採用や、高い衝突安全性を持つボディーなどにより、軽自動車として初めてJNCAPの衝突安全性能評価で最高評価となる5つ星を獲得した。
また、横滑り防止装置「VSA」や、急ブレーキの際にハザードランプを高速で点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を全車に標準装備するほか、レーザーレーダーによる追突回避・被害軽減システムと誤発進防止機能を備える「シティブレーキアクティブシステム」を一部グレードに装備する。

モデルラインナップは、ベーシックなスタイリングの「N-WGN」と、スポーティーなエクステリアの「N-WGNカスタム」の2種類。どちらにも自然吸気モデルとターボモデルが設定され、駆動方式はFFと4WDが選べる。
価格は、「N-WGN G」(FF)の113万1000円から「N-WGNカスタム Gターボパッケージ」(4WD)の172万3000円まで。

(文=工藤考浩/写真=webCG)

→「ホンダN-WGN」のさらに詳しい写真はこちらから

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る