ホンダS660コンセプト:狙うは世界!

2013.11.20 コレはゼッタイ!
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト

ホンダS660コンセプト:狙うは世界!

往年の軽スポーツカー「ホンダ・ビート」の再来と期待される「ホンダS660コンセプト」。ホンダがこのカテゴリーに再挑戦する2つの大きな理由とは?

■ホンダらしい走りの気持ちよさに期待

経済的には下り基調に入った平成の初頭、次々に生まれた軽自動車カテゴリーのスポーツカーたちで、商業的に成功したモデルはひとつもありません。そういう過去を知りながら、なぜホンダが再びそこに参入するのか。ここには2つの理由がみてとれます。

1つは国内市場における消費動向の変化。高齢層の嗜好(しこう)と若年層の購買力は、法外なパフォーマンスへの憧れよりむしろ、気持ちよく走って維持費が安い方向へと傾いています。「ビート」をリリースした時代より、むしろ軽枠スポーツカーへの共感度は高い。そういう読みが成立しなくもありません。

この話、実は日本にとどまるものではなく、先進国市場においては世界的な潮流ともみてとれます。言い換えれば現代のスポーツカーが繰り広げるパフォーマンスバトルに疲れている。この2つめの理由への対処として、「S660コンセプト」の市販モデルは海外展開を考えていると僕は読んでいます。日本市場は660ccで確定でしょうが、直近でホンダが発表した最新の1リッター3気筒ターボは、このクルマの本懐をくっきりとみせるにふさわしいものです。

いずれにせよ、狙うべきは速さより気持ちよさ、そして安さです。久々のホンダらしい挑戦には、大いに期待したいと思います。

(文=渡辺敏史/写真=峰 昌宏)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る