ホンダS660コンセプト:狙うは世界!

2013.11.20 コレはゼッタイ!
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト

ホンダS660コンセプト:狙うは世界!

往年の軽スポーツカー「ホンダ・ビート」の再来と期待される「ホンダS660コンセプト」。ホンダがこのカテゴリーに再挑戦する2つの大きな理由とは?

■ホンダらしい走りの気持ちよさに期待

経済的には下り基調に入った平成の初頭、次々に生まれた軽自動車カテゴリーのスポーツカーたちで、商業的に成功したモデルはひとつもありません。そういう過去を知りながら、なぜホンダが再びそこに参入するのか。ここには2つの理由がみてとれます。

1つは国内市場における消費動向の変化。高齢層の嗜好(しこう)と若年層の購買力は、法外なパフォーマンスへの憧れよりむしろ、気持ちよく走って維持費が安い方向へと傾いています。「ビート」をリリースした時代より、むしろ軽枠スポーツカーへの共感度は高い。そういう読みが成立しなくもありません。

この話、実は日本にとどまるものではなく、先進国市場においては世界的な潮流ともみてとれます。言い換えれば現代のスポーツカーが繰り広げるパフォーマンスバトルに疲れている。この2つめの理由への対処として、「S660コンセプト」の市販モデルは海外展開を考えていると僕は読んでいます。日本市場は660ccで確定でしょうが、直近でホンダが発表した最新の1リッター3気筒ターボは、このクルマの本懐をくっきりとみせるにふさわしいものです。

いずれにせよ、狙うべきは速さより気持ちよさ、そして安さです。久々のホンダらしい挑戦には、大いに期待したいと思います。

(文=渡辺敏史/写真=峰 昌宏)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 「ホンダS660 αブルーノレザーエディション」フォトギャラリー 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」に、特別なボディーカラーやインテリアなど“大人の魅力”を加えた特別仕様車「ブルーノレザーエディション」が登場。ジャズブラウンのレザーで飾られたインテリアや、スポーツドライビングを可能にする各種装備、さらに、風を求めて都心から鎌倉の海を目指したドライブの様子を写真で紹介する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る