ホンダS660コンセプト:軽スポーツはホンダの原点

2013.11.20 コレはゼッタイ!
ホンダS660コンセプト
ホンダS660コンセプト

ホンダS660コンセプト:軽スポーツはホンダの原点

軽規格のミドシップスポーツとして、今回のモーターショーで話題を呼んでいる「ホンダS660コンセプト」。そんな注目車種に対し、元「ホンダ・ビート」オーナーは何を感じ、何を期待するのか?

■姿かたちは似てないけれど

ホンダの軽オープンスポーツといえば、すぐに思い浮かぶのが「ビート」。いまや路上ではなかなかお目にかかれなくなったが、あの頃の興奮はいまでもよみがえってくる……。そんな元ビート・オーナーの私にとって、やはり気になるのがホンダS660コンセプトだ。

軽規格のミドシップ・オープンカーという共通点はあるものの、見た目はまるで別モノ。同じ軽でもビートとはボディーサイズの規格が異なるS660は、数字以上に堂々とした印象で、とても安心感がある。デザインも、ビートの愛らしい感じに対して、S660はシャープでカッコよく、まるで路線が違う。だから両者を比較しても意味はないのだが、見る者をわくわくさせ、ドライバーを笑顔するキャラクターを思えば、あえて「ビートの生まれ変わり」と言いたくなる。

ホンダの伊東社長によれば、2015年の量産化を目指して現在開発中とのことで、大胆なフォルムや近未来的なコックピットがどこまで守られるかが気になるところ。それ以上に、どんな走りを見せてくれるのか興味津々だ。軽自動車を取り巻く環境はなにかと騒々しいが、思えばホンダが四輪事業に参入した時、最初に手がけたクルマは軽スポーツの「S360」だった。ホンダ四輪の原点というべき小さなスポーツカーに、期待せずにはいられない。

(文=生方 聡/写真=峰 昌宏)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。