最新のEVに試乗できる「テストライド」

2013.11.21 みどころナビ
今回のテーマは「くらしに、社会に、つながるくるまたち」
今回のテーマは「くらしに、社会に、つながるくるまたち」

最新のEVに試乗できる「テストライド」

西4ホールで行われているのは、「SMART MOBILITY CITY 2013(スマートモビリティシティ2013)」。クルマの未来を考えようという主催者テーマ事業で、前回に続き2回目となります。

トヨタの「Winglet」。体重移動で前後左右に操作する。帽子はクッション入りで、転倒に備えたもの。
トヨタの「Winglet」。体重移動で前後左右に操作する。帽子はクッション入りで、転倒に備えたもの。
ホンダの「UNI-CUB」。座ったまま前傾すると前進する。
ホンダの「UNI-CUB」。座ったまま前傾すると前進する。
左からトヨタ車体の「コムス」、日産の「NISSAN New Mobility CONCEPT」、ZieDの「ZieDα1」、ホンダの「MC-β」。
左からトヨタ車体の「コムス」、日産の「NISSAN New Mobility CONCEPT」、ZieDの「ZieDα1」、ホンダの「MC-β」。
10mほどのストレートがあるので結構スピードが出る。
10mほどのストレートがあるので結構スピードが出る。

お勉強はさておき、ぜひとも参加したいのが「テストライド」。最新のEVやPHEVに試乗することができます。「パーソナルモビリティ体験走行」には、1人乗りの電動車が用意されています。ホンダの「UNI-CUB」とトヨタの「Winglet」が選べ、動かし方の簡単なレクチャーを受けてから練習スタート。最高でも6km/hですが、重心移動だけで操るのはなかなか慣れません。でも、数分で加速やコーナリングを体得できます。

1~2人用の電気自動車に乗れるのが、「超小型モビリティ体験走行」。こちらは普通のクルマと同じ操作方法で、路上を走れるミニマムビークルです。室内で乗り込んで屋上展示場に出ていくコースで、4種類のクルマから選べます。

このほか、電動二輪車の試乗や自動運転のデモンストレーションもあります。いずれも先着順なので、早めに並ぶのがオススメ。

(文=鈴木真人/写真=峰昌宏)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。