トヨタブースの主役は燃料電池車【東京モーターショー2013】

2013.11.21 自動車ニュース
「私はクルマが大好きで、経営者である前にエンジニアでありたい。いつの時代もエンジニアは自らの手で未来を創造したいと考えている」と加藤光久副社長がスピーチ。

【東京モーターショー2013】トヨタブースの主役は燃料電池車

トヨタ自動車は2013年11月20日に開幕した第43回東京モーターショー2013で、次世代燃料電池車「FCVコンセプト」など3台のワールドプレミア(世界初公開)モデルを公開した。「FUN TO DRIVE, AGAIN.」や「We love cars.」といったテーマを掲げ、クルマの楽しさを追求する未来のモビリティーライフを提案している。

次世代燃料電池車「FCVコンセプト」。
「FCVコンセプト」のベアシャシー。
未来のクルマ「FV2」。
次世代タクシー「JPNタクシー コンセプト」。
カスタム仕様という「ヴォクシー コンセプト」。

■「楽しくなければクルマじゃない」

「クルマがどんなに進化しても、単なる移動の手段にはしない。所有する、運転する、語り合う喜びを与え続ける、かけがえのない存在であり続けたい。楽しくなければクルマじゃない」「好きでもないけど嫌いでもない、と言われるクルマはいらない。好きで好きでしょうがない、これじゃなきゃダメ、とお客さまに思ってもらえるクルマが、わが社のクルマづくりの方向性だ」
まるでマニアックな少量生産メーカーのトップのコメントのようだが、これらはすべてトヨタのプレスブリーフィングに登壇した、技術開発担当の加藤光久副社長が発した言葉である。

その発言の背景にある「FUN TO DRIVE, AGAIN.」に加え、「We love cars.」のスローガンを掲げたトヨタのステージでアンベールされたのは、次世代燃料電池車「FCVコンセプト」、直感で通じ合える未来のクルマ「FV2」、次世代の日本のタクシー「JPNタクシー コンセプト」という3台のワールドプレミアである。
FCVに関しては、近年のモーターショーでもあまり目立った発表がなく、商品化はまだ遠いものかと思われていた。しかし今回のショーを前に、トヨタが2015年に市販開始と発表。一気に未来を引き寄せた感があるだけに、ステージのセンターに据えられた、クリーンなイメージをいっそう強調する透明感のあるブルーに塗られた「FCVコンセプト」は、ひときわ注目を集めていた。

そのほかの出展車両は、これもワールドプレミアである、2014年に市販開始予定の次世代スペースミニバン「ノア コンセプト」「ヴォクシー コンセプト」、日本初公開となる「FT-86オープン コンセプト」、パーソナルモビリティーのコンセプトモデルである「i-ROAD」など。

■トヨタグループの出展に力作あり

本体とは別にブースを構えていた、トヨタグループ各社の出展にも見るべきものがあった。とくに目立っていたのは、2012年に「関東自動車工業」「セントラル自動車」「トヨタ自動車東北」の3社が合併して発足した「トヨタ自動車東日本」が出展していた、「アクア」をベースとするコンセプトモデル。オープン化した「アクア エア」、クロスオーバー風に仕立てた「アクア クロス」など4台はいずれも参考出品とのことだったが、完成度は高く、とても魅力的に映った。

(文と写真=沼田 亨)

トヨタ自動車東日本が出展していた、「アクア」をオープン化した「アクア エア」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。