マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 25S(4WD/6AT)

いぶし銀のような改良 2013.11.24 試乗記 マツダのクロスオーバーSUV「CX-5」に追加された、2.5リッターガソリンエンジン搭載モデルに試乗。新機構となったリアダンパーの乗り心地についてもリポートする。

随時改良を加えていいクルマにしたい

マツダの5人乗りクロスオーバーSUV「CX-5」がマイナーチェンジを受け、従来の2リッター直列4気筒(155ps、20.0kgm)、2.2リッター直4ディーゼルターボ(175ps、42.8kgm)のラインナップに、ガソリンの2.5リッター直4(FF:188ps、25.5kgm/4WD:184ps、25.0kgm)モデルが追加された。

2.5リッターモデル追加のほか、全車リアに新構造のダンパーを採用して、「上質な乗り心地を実現」したのもニュースだ。また、ATセレクターまわりのデザインが変更されたのも新しい。シフトブーツが装備され、「質感の向上」が図られた。

「SKYACTIV-G 2.5」を搭載したニューグレードの価格は、4WDのベーシックグレード「25S」が253万500円。FFは装備をおごった「25S Lパッケージ」のみの設定で260万4000円。4WDの「25S Lパッケージ」は281万4000円。ざっくり、FF車はディーゼルモデルのベーシックグレードと同じ金額で上位の装備を手に入れられ、4WD車は、40万円弱安い値付けとなった。

CX-5のプレス試乗会に参加すると、「商品説明」を皮切りに、実車の試乗を挟みながら、「乗り心地の深化について」「SKYACTIV-G 2.5技術説明」「4WDシステム技術説明」と、充実したカリキュラムが組まれていた。

新たにCX-5開発主査に就任した大塚正志さんが、にこやかに言う。
「これまでは、3年ないし4年ごとに、大騒ぎして新車を発表すると、後は放りっぱなし。そんな状態でした。でも、ドイツ車メーカーは違いますよね。ニューモデルが発売された後も、随時、改良を加えて、どんどんよくなる。マツダも同様に、新しい技術が搭載可能になり次第、採り入れるようにします」

トヨタ、ホンダなどと比較すると、相対的に少ない車種を、それぞれ大事に育てていく、ということだ。立派な志である。

新たに搭載される2.5リッター直4直噴エンジン。184psと25.0kgmを発生する。
新たに搭載される2.5リッター直4直噴エンジン。184psと25.0kgmを発生する。
内装の変更点は、ATセレクターまわりの質感アップ。
内装の変更点は、ATセレクターまわりの質感アップ。
シフトセレクターはこれまでのゲート式から、シフトブーツが装着されるタイプに変更された。
シフトセレクターはこれまでのゲート式から、シフトブーツが装着されるタイプに変更された。
「CX-5」の4WDシステムは、フロントからプロペラシャフトを通してリアへトルクを伝え、電子制御多板クラッチを使って、必要に応じて後輪を駆動する。常時、待機トルクを流しているがゆえの、素早い反応が自慢だ。デファレンシャルは、前後とも、オープンタイプ。滑った車輪にブレーキをかけることで、LSDに代える。
「CX-5」の4WDシステムは、フロントからプロペラシャフトを通してリアへトルクを伝え、電子制御多板クラッチを使って、必要に応じて後輪を駆動する。常時、待機トルクを流しているがゆえの、素早い反応が自慢だ。デファレンシャルは、前後とも、オープンタイプ。滑った車輪にブレーキをかけることで、LSDに代える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る