ダイハツKOPEN(コペン):変身願望を具現した一台

2013.11.22 コレはゼッタイ!
ダイハツ・コペン
ダイハツ・コペン

ダイハツKOPEN(コペン):変身願望を具現した一台

光るパジャマにシャツ、靴にいたるまで、『獣電戦隊キョウリュウジャー』一色、という3歳の息子と日常を送っている私が気になったのは着せ替えができるというこのモデル。

 
ダイハツKOPEN(コペン):変身願望を具現した一台の画像
 
ダイハツKOPEN(コペン):変身願望を具現した一台の画像
 
ダイハツKOPEN(コペン):変身願望を具現した一台の画像

■かっこよく変身

男の子なら小さい時に見たことがある“戦隊モノ”の最新シリーズが『獣電戦隊キョウリュウジャー』。“恐竜プラス人間”というありえない設定にもド肝を抜かれたけれど、なにより恐竜がガバッと大きく口を開けた状態がマスクになっていたのにビックリ! 「女子にはなかなか理解できない美的センスがあるんだな~」と思っていました。ところが、息子が「トゥリャー!!」などと気合を入れながら、キメポーズを炸裂(さくれつ)する様子を日々見ていると、目が慣れてきた、いや、むしろ「発想が斬新だし、実はカッコイイんじゃないの?」とさえ思うようになってきたんですよ。人間って不思議ですねぇ。

さてダイハツの「KOPEN(コペン)」。パッと見かなりゴツいし、もう男性ユーザーしか見てないって印象だけれど、3分でさらにゴツく、ロボっぽく変身する。キョウリュウジャーでは、それぞれ形の違う恐竜ロボが組み合わさることを“カミツキ合体”というんだけれど、空中に浮遊したコペンの骨格に、様々なパーツがガツガツと合体する様子を思い浮かべていたら、「こりゃ“カミツキ合体”だな!」と。

より強く、よりカッコよくなりたいという男の子の変身願望を具現した一台といってもいいかも。ちょっぴりオモチャっぽいけれど、そのうち目が慣れてカッコよくみえてくるのかな~と思っていたら、あ~ら不思議、だんだん目が慣れてきました。もしかしたら結構カッコイイかも!?

(文=スーザン史子/写真=峰 昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る