トップ > ニュース >アルピナ、高性能モデル「B4」「D3」を披露【東京モーターショー2013】 (2013.11.21)
アルピナブースの様子。

【東京モーターショー2013】アルピナ、高性能モデル「B4ビターボ」「D3ビターボ」を披露

2013年11月20日、東京モーターショーの会場において、アルピナは世界初公開モデルと日本初公開モデルを披露した。

アルピナ社のアンドレアス・ボーヘンジーペン社長も来日。プレスカンファレンスであいさつを述べた。
世界初公開となった、「アルピナB4ビターボ クーペ」。
同じく、「B4ビターボ クーペ」のリアビュー。
こちらは日本初公開となった、ディーゼルモデル。新型「D3ビターボ」。

堂々のワールドプレミアとして「B4ビターボ」が発表された。それも、アルピナ社のアンドレアス・ボーヘンジーペン社長が来日し、自らプレスカンファレンスに臨んで。

B4は名称が示すように、「BMW4シリーズクーペ」にアルピナが手を加えたスーパーエレガントモデル。ツインターボで武装する3リッター直6は最高出力410ps/5500-6250rpm、最大トルク61.2kgm/3000rpmを発生、0-100km/h加速4.2秒、最高速305km/hというスーパーカー級パフォーマンスを誇る。
アクラポビッチのステンレス製エキゾーストシステムは7.5kgの軽量化を実現するとともに、重厚でスポーティーな音色を聞かせてくれるらしい。20インチのアルピナ・クラシック・ホイールに組み合わせられるタイヤは、ランフラットではない「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」。おそらく、だからノーマルのBMWより快適性に優れる。前後スポイラーは、社長自らアルピナのトレードマークと表現する。これらにより高いスタビリティーを備えている。

発売は2014年夏以降。価格は左ハンドルで1039万円(8%の消費税込み)と発表されている。

ジャパンプレミアは、新型「D3ビターボ」である。今年のフランクフルトで発表されたこの高性能サルーンは、3リッター直6ツインターボのディーゼルエンジンを搭載する。日本市場に2009年に導入された先代D3は、同じディーゼルでも2リッター直4ターボだったから、アルピナにふさわしくない、という声もあったらしい。
今度の直6ディーゼルは掛け値なしにスゴイ。最高出力こそ350psとガソリン3リッターに一歩譲るものの、最大トルクはなんと71.4kgmもある。それを1500-3000rpmの中低速域で発生する。0-100km/h加速4.6秒、最高速度280km/hという俊足ぶり。それでいて燃費はリッター17kmというのだから、さすがディーゼルである。こんなにすばらしいクルマが896万円(左ハンドル。消費税5%込み)。アルピナとしては入門用と位置づける。

ニコル・オートモビルズがアルピナを扱い出したのは1979年のこと。以来、およそ35年。東京モーターショー初参加は1989年で、今年で14回目となる。地道な努力が実を結び、2013年のアルピナの販売はバブル期を上回り、過去最高の年間300台の受注を記録、来年春には4000台めのアルピナが登録できそうだという。アルピナ自体も好調で、今年は過去最高の1400台の受注があった、とボーヘンジーペン社長は上機嫌で語った。「BMW iアルピナ」が出る日も近い!?

(文=今尾直樹/写真=webCG)

mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]