初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール【東京モーターショー2013】

2013.11.21 自動車ニュース
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。

【東京モーターショー2013】初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール

テスラモーターズは、2013年11月20日のプレスデイで開幕した第43回東京モーターショーに、セダン型の電気自動車(EV)「モデルS」を出展した。

ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。
ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。

今回、アメリカの自動車メーカーの中で唯一、ブースをかまえるテスラ。同社にとっても、今回が初の東京モーターショー出展となる。

詰めかけた報道陣を前にあいさつに立ったのは、アジア太平洋地域の担当ディレクターであるケビン・ユー氏。セダン型のEV「モデルS」が有する優れた動力性能(0-100km/h加速=4.4秒)や、航続距離の長さ(1充電あたり約500km)、エンジンがないためクラッシャブルゾーンが広く安全であること、さらに、急速充電のCHAdeMO(チャデモ)対応により日本の道でも便利に使えることなどをアピールした。

アメリカにおいて7万ドル以上で扱われている同モデルの国内価格は未定だが、受注は既にはじまっており、2014年春にはデリバリーもスタートする。

同社としては、モデルSの販売をステップに、今後は3万~4万ドル(約300万~400万円)クラスのニューモデルを開発し販売台数をさらに伸ばしたいとのことである。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】NEW 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
ホームへ戻る