初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール【東京モーターショー2013】

2013.11.21 自動車ニュース
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。

【東京モーターショー2013】初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール

テスラモーターズは、2013年11月20日のプレスデイで開幕した第43回東京モーターショーに、セダン型の電気自動車(EV)「モデルS」を出展した。

ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。
ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。

今回、アメリカの自動車メーカーの中で唯一、ブースをかまえるテスラ。同社にとっても、今回が初の東京モーターショー出展となる。

詰めかけた報道陣を前にあいさつに立ったのは、アジア太平洋地域の担当ディレクターであるケビン・ユー氏。セダン型のEV「モデルS」が有する優れた動力性能(0-100km/h加速=4.4秒)や、航続距離の長さ(1充電あたり約500km)、エンジンがないためクラッシャブルゾーンが広く安全であること、さらに、急速充電のCHAdeMO(チャデモ)対応により日本の道でも便利に使えることなどをアピールした。

アメリカにおいて7万ドル以上で扱われている同モデルの国内価格は未定だが、受注は既にはじまっており、2014年春にはデリバリーもスタートする。

同社としては、モデルSの販売をステップに、今後は3万~4万ドル(約300万~400万円)クラスのニューモデルを開発し販売台数をさらに伸ばしたいとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
モデルSテスラ東京モーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • 第383回:テスラが自動運転機能の安全性を強化 新ソフト「バージョン8.0」搭載の「モデルS」に試乗 2016.11.29 エディターから一言 テスラモーターズは2016年の秋、オートパイロットと呼ばれる自動運転機能の安全性強化を中心とした新ソフトウエア「バージョン8.0」の配信を開始した。このアップデートでテスラはどのように進化したのか。同ソフト搭載の「モデルS」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記