三菱コンセプトXR-PHEV:スピード感のあるスタイリング

2013.11.22 コレはゼッタイ!
三菱コンセプトXR-PHEV

三菱コンセプトXR-PHEV:スピード感のあるスタイリング

三菱自動車のコンセプトカーは3台並べて展示されている。「パジェロ」風大型SUVの「GC-PHEV」。スポーティーなSUVクーペっぽい「XR-PHEV」。そして3列シートのピープルムーバー「AR」の3台だ。

■乗りこなしてこそ価値がある

三菱のクルマは奇をてらった手法を避け手堅くごくまっとうにまとめたものが多い。それだけに安心感はあるものの、逆に言えば面白味に欠けるともいえる。しかしこの3台は今までのものとはちょっと違う。今風のカキッとシャープなラインを取り入れ、若者受けを狙ったような稲妻風ディテールの処理はなかなか先鋭的でカッコイイ。

中でもXR-PHEVは、「レンジローバー イヴォーク」を思わせる薄いルーフや、4ドアでありながらクーペのような狭い天地のサイドウィンドウを持ち、スピード感にあふれている。1.1リッター3気筒直噴ターボのエンジンも軽快な吹け上がりと経済性を両立させたものであることが容易に想像できる。電気モーターとのハイブリッドでEV走行も可能と、高性能でありながらいろいろ走行感覚の違いも味わえる。

ハイブリッド車は運転してオモシロクナイという人もいるけれども、それは機械まかせでクルマに乗せられているからであって、もっと積極的に自分で勉強して特性を理解し、できることの可能性を試していけば面白く運転できる。XR-PHEVはそのスタイリングを愛(め)でることに満足するだけでなく、乗りこなしてこそ価値をもつクルマだ。

(文=笹目二朗/写真=峰 昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。