ホンダは新車、新車、さらに新車【東京モーターショー2013】

2013.11.22 自動車ニュース
ブースに置かれたナットのモニュメントには「枠にはまるな。」という文字が刻まれている。
ブースに置かれたナットのモニュメントには「枠にはまるな。」という文字が刻まれている。

【東京モーターショー2013】ホンダは新車、新車、さらに新車

本田技研工業は2013年11月20日に開幕した第43回東京モーターショーにおいて、次世代軽スポーツ「S660コンセプト」やコンパクトクロスオーバーの「ヴェゼル」、新型軽乗用車「N-WGN」などを世界初公開した。

「NSXコンセプト」
「NSXコンセプト」
「S660コンセプト」
「S660コンセプト」
「N-WGN」
「N-WGN」
「ホンダ・ヴェゼル」と伊東孝紳 本田技研工業社長(右)、峯川 尚 専務(左)。
「ホンダ・ヴェゼル」と伊東孝紳 本田技研工業社長(右)、峯川 尚 専務(左)。

ホンダは新車、新車、さらに新車【東京モーターショー2013】の画像

ホンダブースの装飾は、「HONDA」のロゴタイプにコーポレートカラーである「ホンダレッド」が使われている以外は、全体的に白で統一されている。シンプルでクールな印象なのだが、いざプレスブリーフィングが始まると、会場は熱気に包まれた。

ブースの入り口には、「枠にはまるな。」という言葉が刻まれた巨大なナットが飾られている。これがホンダのブーステーマだ。
「これは、常識や前例にとらわれないHondaのものづくりに対するこだわりと、強い信念を表しています」という伊東孝紳社長の説明でプレスカンファレンスは始まった。
今回のホンダの展示車両は、コンセプトモデルの「NSXコンセプト」「S660コンセプト」、そしてこの日がデビューとなる新型軽乗用車の「N-WGN」、2013年1月にデトロイトショーで発表された「アーバンSUVコンセプト」の市販予定モデルなどなど、どれも期待が大きい。

カンファレンスの舞台となる壇上にはNSXコンセプトと、ほかにベールが掛けられたクルマが3台、そしてバイク1台が並べられている。
紹介はまず、ハイブリッドスーパースポーツのNSXコンセプトから。伊東社長は「ホンダに脈々と受け継がれる『枠にはまるな。』という挑戦する気持ちと、ホンダ独自のひらめきから生まれた」と語る。このモデルをベースとした次期「NSX」は、2015年から北米を皮切りに各地域へ順次投入されると発表された。

続いて、世界初公開となる次世代軽スポーツカーS660コンセプトがアンベールされた。1991年に登場した「ビート」のイメージを残しながらも、よりシャープでダイナミックな印象のデザインが魅力的だ。現在、2015年の量産化に向けて開発中とのことで、正式デビューが今から待ち遠しい。

次にベールを脱いだのは、こちらも世界初公開の新型軽自動車 N-WGNだ。「N BOX」「N BOX+」「N-ONE」に続く「N」シリーズの第4弾で、2013年11月22日に販売を開始するとアナウンスされた。「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーブ」に真っ向勝負を挑むこのクルマに、会場の関心も高かった。

そのお隣には、「N-WGN」よりふた回りほどサイズの大きなシルバーのベールがある。
これが「アーバンSUVコンセプト」の市販モデルであろうことは、カンファレンス開始前から想像していたが、事前にデザインが公表されていた先の3台と違い(余談だが、筆者はこの日の早朝、自宅から東京モーターショー会場に向かう途中のホンダディーラー前で、店に搬入中のN-WGNを目撃してしまっている)、今回が本当の初披露となるので期待はさらに高まる。
アンベール直前に「VESEL(ヴェゼル)」という車名が発表され、その姿が明らかにされた。
ヴェゼルはクーペスタイルのクロスオーバーで、1.5リッター直噴エンジン+モーターのハイブリッド車と、1.5リッター直噴エンジンを搭載するガソリン車が設定され、駆動方式はFFと4WDが選べるという。

このほか、今回展示はされなかったが、2014年に新しいコンパクトクラスのハイブリッドセダンと、新型の「レジェンド」を投入予定であることなどが発表された。

(文と写真=工藤考浩)

関連記事
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)【レビュー】 2015.9.19 試乗記 “プレモル”的な味わいがある? ホンダの純正アクセサリーブランド、モデューロのカスタマイズパーツを装着した「S660」に試乗。純正のことを知り尽くしたモデューロならではの、純正の乗り味を大切にした“プレミアムな走りの味”をリポートする。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 第18回:ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • ホンダアクセス モデューロ体感試乗会【試乗記】 2015.8.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る