ホンダS660:その走りに期待!

2013.11.22 コレはゼッタイ!
「ホンダS660」
「ホンダS660」

ホンダS660:その走りに期待!

1991年にデビューしたミドシップオープン軽スポーツカー、「ホンダ・ビート」の再来として長らくうわさに上っていた「ホンダS660」が、いよいよその姿を現した。ひと目見て、まず関心したのは、デザインのクオリティーの高さである。

■2015年の発売が楽しみ

前回の東京モーターショーで公開された「EVスター」があまりにも好評だったため、S660も同じコンセプトのデザインに仕立て上げたというが、ボディーパネルの面仕上げが極めて滑らかなうえ、まるでヨーロッパ車のような微妙な抑揚が各所につけられており、軽自動車とは思えない高級感あふれるエクステリアデザインに仕上げられている。
全体的なプロポーションも実にバランスがいい。今回発表されたのはあくまでもコンセプトカーだが、量産化されても基本的なスタイリングはあまり変わらないもよう。まずはこのデザインのよさを、S660の魅力として挙げておきたい。

S660のもうひとつの魅力が、現状ではあくまでも期待にすぎないものの、その走りのよさである。私は2年ほど前にオリジナルのホンダ・ビートに試乗する機会を得たが、ボディーが意外なほどしっかりしていて、本格的なスポーティードライビングが味わえることに強い感銘を受けた。
今回発表されたS660も「持てるパワーを使い切って走る楽しみ」が開発のテーマとされているようだから、この点は十分に期待できそうだ。2015年と見られるS660の発売が実に楽しみである。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=峰 昌宏)

関連キーワード:
S660ホンダ東京モーターショー2013

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダS660 αブルーノレザーエディション」フォトギャラリー 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」に、特別なボディーカラーやインテリアなど“大人の魅力”を加えた特別仕様車「ブルーノレザーエディション」が登場。ジャズブラウンのレザーで飾られたインテリアや、スポーツドライビングを可能にする各種装備、さらに、風を求めて都心から鎌倉の海を目指したドライブの様子を写真で紹介する。
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.4.21 試乗記 いまオーダーしたら1年待ち!? 販売好調が伝えられる「S660」に一般道で試乗。ホンダ渾身(こんしん)の軽スポーツの、魅力と課題を探った。
  • イメージは“木漏れ日”!? 「ホンダS660」の特別仕様車発売 2017.10.20 自動車ニュース 本田技研工業は2017年10月20日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「♯komorebi edition(コモレビエディション)」を設定し、同年11月10日に発売すると発表した。同車は2018年1月31日までの受注期間限定モデルで、価格は208万円(CVT仕様のみ)。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る