ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】

2013.11.22 自動車ニュース

【LAショー2013】ポルシェが新型SUV「マカン」を発表

独ポルシェは2013年11月20日、新型SUV「マカン」をロサンゼルスオートショーで発表した。

ポルシェのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーのマリア・シャラポアさん(写真左)が、「マカン」をお披露目した。
ポルシェのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーのマリア・シャラポアさん(写真左)が、「マカン」をお披露目した。

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像
こちらは、あいさつに臨むポルシェAGのマティアス・ミューラー社長。
こちらは、あいさつに臨むポルシェAGのマティアス・ミューラー社長。

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像
「マカンSディーゼル」
「マカンSディーゼル」

「マカン」は、同社の「カイエン」よりも小さな全長×全幅×全高=4681×1923×1624mmのボディーを持つ新しいSUV。ポルシェはこのマカンを“コンパクトSUV”と位置づけているが、実際にはコンパクトSUVよりもひとまわり大きなミドルサイズSUVということになる。ちなみにマカンとはインドネシア語で「虎」を意味する。

「アウディQ5」と基本設計を共有する、すなわち、“MLBプラットフォーム”を採用するマカンだが、Q5よりもさらに幅広く、低くなったボディーや、みまごうことなきポルシェデザインによって、アウディQ5との共通性は見いだすことが困難。前後ドア下部の“サイドブレード”もマカンの外観を特徴づけている。

その中身も大きく異なっている。用意されるエンジンは、340psの3リッターV6ツインターボ(マカンS)、400psの3.6リッターV6ツインターボ(マカンターボ)、そして、3リッターV6ターボディーゼル(マカンSディーゼル、日本導入の予定なし)で、これに7段ツインクラッチギアボックスのPDKと電子制御式マルチプレートクラッチタイプのアクティブ4WDシステムが組み合わされる。0-100km/h加速はそれぞれ5.4秒、4.8秒、6.3秒。最高速は254km/h、266km/h、230km/hをマーク。一方、100km走行あたりの燃費(新欧州ドライビングサイクル)は8.7~9.0リッター(マカンS)、8.9~9.2リッター(マカンターボ)、6.1~6.3リッター(マカンSディーゼル)である。

ポルシェのSUVというだけに、俊敏なハンドリングにもこだわっている。サスペンションはフロントが5リンク、リアが“トラペゾイダル”マルチリンクを採用。スチール製スプリングと通常のダンパー、スチール製スプリングとアクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)、さらに、エアサスペンションの3つのシャシーが用意され、エアサスペンションでは車高調整が可能になる。また、オプションで「ポルシェ・トルクベクタリングプラス(PTV Plus)」が用意され、電子制御リアディファレンシャルの搭載の効果により、回頭性の向上が図られる。一方、オフロードモードを標準搭載することで、悪路でのより優れたトラクション性能を確保することができる。

タイヤは前後で異なるサイズを採用。マカンSとマカンSディーゼルでは、前:235/60R18、後ろ:255/55R18、マカンターボでは前:235/55R19、後ろ:255/50R19となる。さらにオプションで21インチのホイールが用意されている。

マカンの生産はドイツのライプチヒ工場で行われ、ドイツでの価格はマカンSが5万7930ユーロ(約780万円)から。日本での発売時期や価格はいまのところ明らかにされていないが、カイエンに比べて扱いやすいサイズや手頃な価格により、人気を集めるのは確実だろう。

(生方 聡)
 

関連キーワード:
マカンポルシェロサンゼルスモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.2.2 試乗記 2リッター直4ターボ搭載の「マカン」と3リッターV6ツインターボの「マカンS」。ポルシェの最新SUV2台を乗り比べ、その実力を検証した。
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のスポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る