ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】

2013.11.22 自動車ニュース

【LAショー2013】ポルシェが新型SUV「マカン」を発表

独ポルシェは2013年11月20日、新型SUV「マカン」をロサンゼルスオートショーで発表した。

ポルシェのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーのマリア・シャラポアさん(写真左)が、「マカン」をお披露目した。
ポルシェのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーのマリア・シャラポアさん(写真左)が、「マカン」をお披露目した。

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像
こちらは、あいさつに臨むポルシェAGのマティアス・ミューラー社長。
こちらは、あいさつに臨むポルシェAGのマティアス・ミューラー社長。

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像

ポルシェが新型SUV「マカン」を発表【LAショー2013】の画像
「マカンSディーゼル」
「マカンSディーゼル」

「マカン」は、同社の「カイエン」よりも小さな全長×全幅×全高=4681×1923×1624mmのボディーを持つ新しいSUV。ポルシェはこのマカンを“コンパクトSUV”と位置づけているが、実際にはコンパクトSUVよりもひとまわり大きなミドルサイズSUVということになる。ちなみにマカンとはインドネシア語で「虎」を意味する。

「アウディQ5」と基本設計を共有する、すなわち、“MLBプラットフォーム”を採用するマカンだが、Q5よりもさらに幅広く、低くなったボディーや、みまごうことなきポルシェデザインによって、アウディQ5との共通性は見いだすことが困難。前後ドア下部の“サイドブレード”もマカンの外観を特徴づけている。

その中身も大きく異なっている。用意されるエンジンは、340psの3リッターV6ツインターボ(マカンS)、400psの3.6リッターV6ツインターボ(マカンターボ)、そして、3リッターV6ターボディーゼル(マカンSディーゼル、日本導入の予定なし)で、これに7段ツインクラッチギアボックスのPDKと電子制御式マルチプレートクラッチタイプのアクティブ4WDシステムが組み合わされる。0-100km/h加速はそれぞれ5.4秒、4.8秒、6.3秒。最高速は254km/h、266km/h、230km/hをマーク。一方、100km走行あたりの燃費(新欧州ドライビングサイクル)は8.7~9.0リッター(マカンS)、8.9~9.2リッター(マカンターボ)、6.1~6.3リッター(マカンSディーゼル)である。

ポルシェのSUVというだけに、俊敏なハンドリングにもこだわっている。サスペンションはフロントが5リンク、リアが“トラペゾイダル”マルチリンクを採用。スチール製スプリングと通常のダンパー、スチール製スプリングとアクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)、さらに、エアサスペンションの3つのシャシーが用意され、エアサスペンションでは車高調整が可能になる。また、オプションで「ポルシェ・トルクベクタリングプラス(PTV Plus)」が用意され、電子制御リアディファレンシャルの搭載の効果により、回頭性の向上が図られる。一方、オフロードモードを標準搭載することで、悪路でのより優れたトラクション性能を確保することができる。

タイヤは前後で異なるサイズを採用。マカンSとマカンSディーゼルでは、前:235/60R18、後ろ:255/55R18、マカンターボでは前:235/55R19、後ろ:255/50R19となる。さらにオプションで21インチのホイールが用意されている。

マカンの生産はドイツのライプチヒ工場で行われ、ドイツでの価格はマカンSが5万7930ユーロ(約780万円)から。日本での発売時期や価格はいまのところ明らかにされていないが、カイエンに比べて扱いやすいサイズや手頃な価格により、人気を集めるのは確実だろう。

(生方 聡)
 

関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
ホームへ戻る