ジャガーが「Fタイプ クーペ」を公開【東京モーターショー2013】

2013.11.23 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」
「ジャガーFタイプ クーペ」

【東京モーターショー2013】ジャガーが「Fタイプ クーペ」を公開

ジャガーブースのスターは「Fタイプ クーペ」。すなわち、先にコンバーチブルが登場していた「Fタイプ」のフィクストヘッドクーペが、ここ東京モーターショーで公開されたのである。

プレスカンファレンスでは、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏が登壇した。
プレスカンファレンスでは、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏が登壇した。
「Fタイプ クーペ」は、ロサンゼルスショー(2013年11月19日~12月1日)に先立って開催されたイベントで世界初公開されたばかり。
「Fタイプ クーペ」は、ロサンゼルスショー(2013年11月19日~12月1日)に先立って開催されたイベントで世界初公開されたばかり。
3リッターV6と5リッターV8(いずれもスーパーチャージド)エンジンが搭載される。
3リッターV6と5リッターV8(いずれもスーパーチャージド)エンジンが搭載される。

■女性的なイメージが漂うクーペボディー

それにしても不思議なのが、コンバーチブルが先に出てクーペが後から登場したこと。この判断が下された公式な理由は未確認ながら、Fタイプにとって最大のマーケットは言うまでもなく北米である。その北米ではクーペよりコンバーチブルの需要が高いと考えれば、この通常とは反対のデビュー順にもなんとなく合点がいく。

注目のスタイリングは、コンバーチブルが筋肉質でやや硬質だったのに比べると、クーペはよりエレガントで女性的なイメージさえ漂う。ボディーパネルの多くはコンバーチブルと共用のようだが、リアフェンダー周辺はコンバーチブルよりもやや厚みを増し、肉感的なまろやかさが表現されている。このリアフェンダー付近のボリューム感と、直線的にすっと落ちるリアガラスの造形的な対比が、Fタイプ クーペのデザインにおけるハイライトのひとつとなっている。
また、一般的に言ってコンバーチブルに比べるとクーペの視覚的重心はどうしてもリアにかたよりがちだが、Fタイプ クーペの場合はリアが不当に重そうに見えず、良好なバランスに仕上げられている。この点はチーフデザイナーであるイアン・カラムの面目躍如といえるだろう。

モデルラインナップは「Fタイプ クーペ」「Fタイプ S クーペ」「Fタイプ R クーペ」の3タイプ。このうち、最初の2モデルがV6 3リッタースーパーチャージドエンジンを搭載するのに対し、Fタイプ R クーペにはV8 5リッタースーパーチャージドがおごられる。もっとも、エンジンの基本は同じでも、Fタイプ クーペは340ps、Fタイプ S クーペは380psと微妙に仕様は異なる。いっぽう、コンバーチブルも含めてFタイプとしては初登場となる“R”は最高出力が550psで、0-100km/h加速を4.2秒で駆け抜ける。

コンバーチブルながらスポーティーなハンドリングで好評を博したFタイプだが、クーペとなってボディー剛性が向上したのは間違いなく、また、クーペの車重はコンバーチブルより150kgほど軽いので、クーペのハンドリングがコンバーチブルよりもさらにスポーティーに磨かれたことは間違いないだろう。

(文と写真=大谷達也<Little Wing>)

関連キーワード:
Fタイプ クーペジャガー東京モーターショー2013自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表 2017.9.29 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日より受注を開始する。エクステリアデザインの変更や機能装備の強化、ラインナップの拡充などが行われた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
ホームへ戻る