ジャガーが「Fタイプ クーペ」を公開【東京モーターショー2013】

2013.11.23 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」
「ジャガーFタイプ クーペ」

【東京モーターショー2013】ジャガーが「Fタイプ クーペ」を公開

ジャガーブースのスターは「Fタイプ クーペ」。すなわち、先にコンバーチブルが登場していた「Fタイプ」のフィクストヘッドクーペが、ここ東京モーターショーで公開されたのである。

プレスカンファレンスでは、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏が登壇した。
プレスカンファレンスでは、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏が登壇した。
「Fタイプ クーペ」は、ロサンゼルスショー(2013年11月19日~12月1日)に先立って開催されたイベントで世界初公開されたばかり。
「Fタイプ クーペ」は、ロサンゼルスショー(2013年11月19日~12月1日)に先立って開催されたイベントで世界初公開されたばかり。
3リッターV6と5リッターV8(いずれもスーパーチャージド)エンジンが搭載される。
3リッターV6と5リッターV8(いずれもスーパーチャージド)エンジンが搭載される。

■女性的なイメージが漂うクーペボディー

それにしても不思議なのが、コンバーチブルが先に出てクーペが後から登場したこと。この判断が下された公式な理由は未確認ながら、Fタイプにとって最大のマーケットは言うまでもなく北米である。その北米ではクーペよりコンバーチブルの需要が高いと考えれば、この通常とは反対のデビュー順にもなんとなく合点がいく。

注目のスタイリングは、コンバーチブルが筋肉質でやや硬質だったのに比べると、クーペはよりエレガントで女性的なイメージさえ漂う。ボディーパネルの多くはコンバーチブルと共用のようだが、リアフェンダー周辺はコンバーチブルよりもやや厚みを増し、肉感的なまろやかさが表現されている。このリアフェンダー付近のボリューム感と、直線的にすっと落ちるリアガラスの造形的な対比が、Fタイプ クーペのデザインにおけるハイライトのひとつとなっている。
また、一般的に言ってコンバーチブルに比べるとクーペの視覚的重心はどうしてもリアにかたよりがちだが、Fタイプ クーペの場合はリアが不当に重そうに見えず、良好なバランスに仕上げられている。この点はチーフデザイナーであるイアン・カラムの面目躍如といえるだろう。

モデルラインナップは「Fタイプ クーペ」「Fタイプ S クーペ」「Fタイプ R クーペ」の3タイプ。このうち、最初の2モデルがV6 3リッタースーパーチャージドエンジンを搭載するのに対し、Fタイプ R クーペにはV8 5リッタースーパーチャージドがおごられる。もっとも、エンジンの基本は同じでも、Fタイプ クーペは340ps、Fタイプ S クーペは380psと微妙に仕様は異なる。いっぽう、コンバーチブルも含めてFタイプとしては初登場となる“R”は最高出力が550psで、0-100km/h加速を4.2秒で駆け抜ける。

コンバーチブルながらスポーティーなハンドリングで好評を博したFタイプだが、クーペとなってボディー剛性が向上したのは間違いなく、また、クーペの車重はコンバーチブルより150kgほど軽いので、クーペのハンドリングがコンバーチブルよりもさらにスポーティーに磨かれたことは間違いないだろう。

(文と写真=大谷達也<Little Wing>)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る