「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」

2013.11.23 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」。スポーツカーメーカーが作る高級サルーン、そのハイブリッド仕様に独自の主張はあるか? ミスターGT-Rがテストする。


「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」の画像 拡大
ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:2020kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:8AT/エンジン最高出力:333ps/5500-6500rpm/エンジン最大トルク:44.9kgm/3000-5250rpm/モーター最高出力:47ps/1150rpm以上/モーター最大トルク:30.6kgm/1150rpm以下/タイヤ:(前)255/45R19/(後)285/40R19
ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:2020kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:8AT/エンジン最高出力:333ps/5500-6500rpm/エンジン最大トルク:44.9kgm/3000-5250rpm/モーター最高出力:47ps/1150rpm以上/モーター最大トルク:30.6kgm/1150rpm以下/タイヤ:(前)255/45R19/(後)285/40R19

■3リッターV6エンジンとモーターの組み合わせ

「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド」と「レクサスLS600hL」という生粋のサルーンに続いて、今週はスポーツカーメーカーがつくった異色のサルーン「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」を見ていきましょう。

パナメーラのハイブリッドモデルというと、36kmまで電気自動車(EV)走行が可能なプラグインハイブリッドタイプ「パナメーラS E-ハイブリッド」がすでに発表されています。しかし、今回テストする車両は従来型のハイブリッドモデルです。
過給機付きの3リッターV6エンジンに電気モーターを組み合わせ、メルセデス・ベンツと同様にエンジンとトランスミッションの間にハイブリッドモジュールを挟み、適宜、ガソリンエンジンをアシストするという構造です。これは、基本的に「ポルシェ・カイエン」と同じシステムで、ニッケル水素バッテリーがリアに搭載されています(ちなみに、E-ハイブリッドでは、バッテリーはリチウムイオンに変わりました)。もちろん、高速道路で条件がそろえばエンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング」機能を備えます。最高出力はエンジンが333psでモーターが47ps。システム全体では380psを発生します。

ボディーサイズは全長がほぼ5m。メルセデス・ベンツSクラスやレクサスLSに匹敵する長さで、全幅については両車を上回る1930mmもあります。1420mmと際だって低い全高も特徴的です。パナメーラ、意外と大きなクルマなんですね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
パナメーラポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る