「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」

2013.11.23 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.25 「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」。スポーツカーメーカーが作る高級サルーン、そのハイブリッド仕様に独自の主張はあるか? ミスターGT-Rがテストする。



ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:2020kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:8AT/エンジン最高出力:333ps/5500-6500rpm/エンジン最大トルク:44.9kgm/3000-5250rpm/モーター最高出力:47ps/1150rpm以上/モーター最大トルク:30.6kgm/1150rpm以下/タイヤ:(前)255/45R19/(後)285/40R19

■3リッターV6エンジンとモーターの組み合わせ

「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド」と「レクサスLS600hL」という生粋のサルーンに続いて、今週はスポーツカーメーカーがつくった異色のサルーン「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」を見ていきましょう。

パナメーラのハイブリッドモデルというと、36kmまで電気自動車(EV)走行が可能なプラグインハイブリッドタイプ「パナメーラS E-ハイブリッド」がすでに発表されています。しかし、今回テストする車両は従来型のハイブリッドモデルです。
過給機付きの3リッターV6エンジンに電気モーターを組み合わせ、メルセデス・ベンツと同様にエンジンとトランスミッションの間にハイブリッドモジュールを挟み、適宜、ガソリンエンジンをアシストするという構造です。これは、基本的に「ポルシェ・カイエン」と同じシステムで、ニッケル水素バッテリーがリアに搭載されています(ちなみに、E-ハイブリッドでは、バッテリーはリチウムイオンに変わりました)。もちろん、高速道路で条件がそろえばエンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング」機能を備えます。最高出力はエンジンが333psでモーターが47ps。システム全体では380psを発生します。

ボディーサイズは全長がほぼ5m。メルセデス・ベンツSクラスやレクサスLSに匹敵する長さで、全幅については両車を上回る1930mmもあります。1420mmと際だって低い全高も特徴的です。パナメーラ、意外と大きなクルマなんですね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る