アウディSQ5(4WD/8AT)

スマートに駆れ 2013.12.01 試乗記 アウディのミドル級SUV「Q5」に、350psオーバーのハイパフォーマンスモデル「SQ5」が登場。一体、どんな走りを見せるのか? 300kmの道のりをテストした。

バランスのいい高性能

「アウディSQ5」の存在感は独特だ。アウディの「Sモデル」には、520psを振りかざす旗艦「S8」まであるが、もともとノーマルモデルでも性能面で十分以上なのは、誰でも知っている。そのうえで“S”をそろえたのは、アウディからの宣戦布告にほかならない。微に入り細をうがつ技術を駆使して、大御所メルセデス・ベンツとBMWに正面から果たし状をたたきつけ、瞬く間に御三家の一角に食い込んだアウディだけに、「AMG」や「M」などの無遠慮な性能自慢を見過ごすわけにいかないのだ。

そんなSモデルのよろいをまとった最新作がSQ5というのは、高性能SUVがもてはやされる風潮の中で当然といえば当然。クロスオーバーのファンにとって理想の一台かもしれない。いや、SUVとかクロスオーバーという分類は、SQ5に似合わない。セダン、ワゴン、SUV、さらにはGTのどれでもあると同時にどれにも当てはまらないのがクロスオーバー。それだけに多用途性が光るが、思い切ってGTとしての要素を尖(とが)らせたのがSQ5だ。

ベースとなったのは全長4.6m級、全幅1.9mと堂々たる体格なのに無駄に大きすぎもしない、本当に使いこなせるサイズで好評の「Q5」。その上級版「3.0 TFSI クワトロ」(3リッターV6で272ps)と同様にスーパーチャージャーを備えており、さらに強力な354psをたたき出す、というのが最大の違いだ。
それでも、限界を究めたハイチューンではなく、常用域での使いやすさを重視したところに、性能の本質を知り抜いたバランス感覚が見える。2994ccに過給を施した場合、レース界の常識(係数1.7を掛ける)によれば、自然吸気の5089.8ccに相当するから、最大トルクは50.0kgm以上が当たり前。なのに47.9kgm/4000-4500rpmに抑えられている。とはいえ、その大部分を低回転域から出し続けるのだから、どのギアでどこから踏んでも、瞬時にグイ~ッと持って行ってしまう(ノーマル3.0 TFSIは40.9kgm/2150-4780rpm だから、さらに優しい)。

「SQ5」は、SUV「Q5」の高性能バージョン。2012年にディーゼルモデルが発表されたのに続き、2013年1月に、今回のテスト車であるガソリンエンジン搭載モデルがデビューした。
「SQ5」は、SUV「Q5」の高性能バージョン。2012年にディーゼルモデルが発表されたのに続き、2013年1月に、今回のテスト車であるガソリンエンジン搭載モデルがデビューした。
インテリアの基本デザインは、「Q5」と同じ。ステアリングホイールのまわりには、オーディオの操作スイッチやシフトパドルなどが備わる。
インテリアの基本デザインは、「Q5」と同じ。ステアリングホイールのまわりには、オーディオの操作スイッチやシフトパドルなどが備わる。
シートの背もたれ上部にも、「SQ5」のロゴが入れられる。
シートの背もたれ上部にも、「SQ5」のロゴが入れられる。
354psを発生する、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。アイドリングストップ機能も備わっている。JC08モードの燃費値は、10.8km/リッター。
354psを発生する、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。アイドリングストップ機能も備わっている。JC08モードの燃費値は、10.8km/リッター。

アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る