フィアット・パンダ4×4 ROCK 1.3 16V マルチジェット(4WD/5MT)

遠くまで行く人へ 2013.12.02 試乗記 4WDシステムとディーゼルエンジンを備えた、道を選ばぬ「フィアット・パンダ」に試乗。シリーズの究極形「パンダ4×4 マルチジェット」はどんな走りを見せるのか。

「パンダ」の究極の姿

イタリアはもとより欧州におけるミニマムトランスポーテーションとして、「フィアット・パンダ」はその愛らしい形やサイズをもって重宝されている。ならば丁重に扱われ、かわいがられているかといえばその逆で、多くの例ではガンガン酷使され、かつ長期間にわたって使役に供されている。だから並のクルマよりもボディーやサスペンションは、はるかに頑丈に造られている。

その便利さをさらに追求し、経済性をも備えた4WDディーゼルエンジン仕様は、実用車パンダの究極の姿ともいえる。その「パンダ4WDディーゼル」(ドイツ仕様)が、CARBOXの手によって並行輸入・販売されることになった。価格は259万円である。

簡単にスペックをおさらいしておくと、ホイールベースはFFモデルと同じ2300mmだが、全長は若干長い3686mmとなる。エンジンの排気量は名称こそ「1.3」となっているが、正確には1248ccで、ターボ過給によって出力とトルクは75ps/4000rpmと19.4kgm(190Nm)/1500rpmとされる。「シトロエン・ネモ」(「フィアット・フィオリーノ」のバッジエンジニアリング車)などに載るユニットと基本は同じなのだろうが、また少し進化しているようだ。4WDのシステムはセンターデフにビスカスカップリング(VCU)を用い、電気式デフロックのスイッチも備わる。

そしてギアボックスは5段MTで、ハンドル位置は左のみである。わが国では右ハンドルのAT仕様の方が売りやすいといわれているが、現地オリジナル仕様の良さは頑としてある。ペダルやレバー類の配置、フロア形状、そしてステアリング位置などがもたらす自然な操作性や、より広い足元の余裕はいうまでもない。全世界の多くのクルマが基本的にはアメリカや中国の市場を向いているがゆえに、この点に関しては英国車や日本車といえども例外ではないと思う。日本で左ハンドル車に乗るということは、料金所や駐車場などインフラに対して不便なことも多いが、慣れで解決できる部分も多く、筆者はあえてこの仕様を好む。

1248ccのマルチジェット・ディーゼルエンジンは75psと19.4kgmを発生する。
1248ccのマルチジェット・ディーゼルエンジンは75psと19.4kgmを発生する。
いたるところに「スクワール」(スクエア+サークル)と呼ばれるデザインモチーフが取り入れられたインテリア。インパネの色はボディーカラーに合わせてコーディネートされる。試乗車は「オリーブ」。
いたるところに「スクワール」(スクエア+サークル)と呼ばれるデザインモチーフが取り入れられたインテリア。インパネの色はボディーカラーに合わせてコーディネートされる。試乗車は「オリーブ」。
トランスミッションは5段MT。シフトノブまで「スクワール」調のデザインに。
トランスミッションは5段MT。シフトノブまで「スクワール」調のデザインに。
デフロック機構「ELD(Electronic Locking Differential)」の操作スイッチがセンターパネルに備わる。4WD仕様ならではの装備。
デフロック機構「ELD(Electronic Locking Differential)」の操作スイッチがセンターパネルに備わる。4WD仕様ならではの装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る