メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)

エバらないSクラス 2013.12.09 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルにして、世界の自動車の「帝王」たるべき「Sクラス」。新型に込められたメッセージはいかなるものか? 戦略的なエントリーモデル「S400ハイブリッド」の装備充実グレードに試乗した。

このヘッドレストは……!?

アッと思わず声が出た。気持ちよくて出ちゃった。運転席の後ろの席に乗り込み、体を背もたれに預けたら、ヘッドレストが思いもかけず、ソフトで、超気持ちイイ。こんな羽毛布団みたいなものを、質実剛健をモットーとしていたはずのドイツ人、しかもドケチ、もとい倹約家で知られるシュヴァーベン地方のメルセデス・ベンツがつけてきたなんて!
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」に用意されている「リアシートコンフォートパッケージ」という75万円のオプションを選ぶとついてくる、その名も「ラグジュアリーヘッドレスト」という。枕だけで75万円もするのか、というとそうではもちろんなくて、リクライニングしたり、内部にベンチレーターがついてきたり、「リアエンターテインメントシステム」がもれなく装備されたりする。
後席ベルトにはエアバッグも仕込まれる。ベルトが1枚の布切れではなくて、二重になるので、和服の帯を締めるようなゴージャス感がある。

それにしても、このラグジュアリーヘッドレストはいいです。これはコロンブスの卵で、おそらく世界の高級車は今後、こぞって採用するに違いない……と私は思う。

センターアームレストはすでに倒れていた。ふと見ると、アームレストの内側には丸い穴が2つついていて、それはドリンクホルダーのようである。押すと、その丸はスーッと下がっていく。その下がり方が実にスムーズで気持ちがよい。ドリンンクホルダーの丸形のフタがそのまま下にさがって底になる。こんなものにまでダンパーがついているらしい。なんとぜいたくなギミックをシュヴァーベン地方の……と何度も書いていると怒られますが、私は本当に驚いたのである。神は細部に宿る。メルセデス・ベンツは新型Sクラスの開発テーマのひとつに、「ぜいたくの本質」を掲げている。

“Was ist Das?”(これはなんだ?)
“Das ist Drinkholder.”(ドリンクホルダーです)
“Nein! Das ist S-Classe!”(ダメだ! これはSクラスだぞ!)

というような激しくも論理的なやりとりがカップホルダー担当のエンジニアたちの間で交わされたのである。たぶん。神は細部に宿る。ちなみにここに書いてあるドイツ語はデタラメなので参考にしないでください。

新型では3.5リッターV6ガソリンエンジン+モーターの「S400ハイブリッド」がエントリーモデルに位置付けられる。価格は「レクサスLS」とがっぷり四つの、1090万円(S400ハイブリッド)と1270万円(同エクスクルーシブ)。
新型では3.5リッターV6ガソリンエンジン+モーターの「S400ハイブリッド」がエントリーモデルに位置付けられる。価格は「レクサスLS」とがっぷり四つの、1090万円(S400ハイブリッド)と1270万円(同エクスクルーシブ)。
試乗車には、電動調節機能、ラグジュアリーヘッドレスト、リアエンターテインメントシステムなどがセットになるオプション「リアシートコンフォートパッケージ」(75万円)が装着されていた。ホイールベースは先代と同じ3035mmながら、室内は若干広がっている。いかなるマジック!?
試乗車には、電動調節機能、ラグジュアリーヘッドレスト、リアエンターテインメントシステムなどがセットになるオプション「リアシートコンフォートパッケージ」(75万円)が装着されていた。ホイールベースは先代と同じ3035mmながら、室内は若干広がっている。いかなるマジック!?
1950~1960年代のメルセデス・ベンツに用いられていた2本スポークのステアリングが復活。官能的なカーブを描く。ダッシュボードの流線型との反復がセクシー。
1950~1960年代のメルセデス・ベンツに用いられていた2本スポークのステアリングが復活。官能的なカーブを描く。ダッシュボードの流線型との反復がセクシー。
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のシートには、より上質なナッパレザーが用いられる。試乗車の内装色はシルクベージュ/エスプレッソブラウン。
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のシートには、より上質なナッパレザーが用いられる。試乗車の内装色はシルクベージュ/エスプレッソブラウン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る