クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)

エバらないSクラス 2013.12.09 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルにして、世界の自動車の「帝王」たるべき「Sクラス」。新型に込められたメッセージはいかなるものか? 戦略的なエントリーモデル「S400ハイブリッド」の装備充実グレードに試乗した。

このヘッドレストは……!?

アッと思わず声が出た。気持ちよくて出ちゃった。運転席の後ろの席に乗り込み、体を背もたれに預けたら、ヘッドレストが思いもかけず、ソフトで、超気持ちイイ。こんな羽毛布団みたいなものを、質実剛健をモットーとしていたはずのドイツ人、しかもドケチ、もとい倹約家で知られるシュヴァーベン地方のメルセデス・ベンツがつけてきたなんて!
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」に用意されている「リアシートコンフォートパッケージ」という75万円のオプションを選ぶとついてくる、その名も「ラグジュアリーヘッドレスト」という。枕だけで75万円もするのか、というとそうではもちろんなくて、リクライニングしたり、内部にベンチレーターがついてきたり、「リアエンターテインメントシステム」がもれなく装備されたりする。
後席ベルトにはエアバッグも仕込まれる。ベルトが1枚の布切れではなくて、二重になるので、和服の帯を締めるようなゴージャス感がある。

それにしても、このラグジュアリーヘッドレストはいいです。これはコロンブスの卵で、おそらく世界の高級車は今後、こぞって採用するに違いない……と私は思う。

センターアームレストはすでに倒れていた。ふと見ると、アームレストの内側には丸い穴が2つついていて、それはドリンクホルダーのようである。押すと、その丸はスーッと下がっていく。その下がり方が実にスムーズで気持ちがよい。ドリンンクホルダーの丸形のフタがそのまま下にさがって底になる。こんなものにまでダンパーがついているらしい。なんとぜいたくなギミックをシュヴァーベン地方の……と何度も書いていると怒られますが、私は本当に驚いたのである。神は細部に宿る。メルセデス・ベンツは新型Sクラスの開発テーマのひとつに、「ぜいたくの本質」を掲げている。

“Was ist Das?”(これはなんだ?)
“Das ist Drinkholder.”(ドリンクホルダーです)
“Nein! Das ist S-Classe!”(ダメだ! これはSクラスだぞ!)

というような激しくも論理的なやりとりがカップホルダー担当のエンジニアたちの間で交わされたのである。たぶん。神は細部に宿る。ちなみにここに書いてあるドイツ語はデタラメなので参考にしないでください。

新型では3.5リッターV6ガソリンエンジン+モーターの「S400ハイブリッド」がエントリーモデルに位置付けられる。価格は「レクサスLS」とがっぷり四つの、1090万円(S400ハイブリッド)と1270万円(同エクスクルーシブ)。
新型では3.5リッターV6ガソリンエンジン+モーターの「S400ハイブリッド」がエントリーモデルに位置付けられる。価格は「レクサスLS」とがっぷり四つの、1090万円(S400ハイブリッド)と1270万円(同エクスクルーシブ)。 拡大
試乗車には、電動調節機能、ラグジュアリーヘッドレスト、リアエンターテインメントシステムなどがセットになるオプション「リアシートコンフォートパッケージ」(75万円)が装着されていた。ホイールベースは先代と同じ3035mmながら、室内は若干広がっている。いかなるマジック!?
試乗車には、電動調節機能、ラグジュアリーヘッドレスト、リアエンターテインメントシステムなどがセットになるオプション「リアシートコンフォートパッケージ」(75万円)が装着されていた。ホイールベースは先代と同じ3035mmながら、室内は若干広がっている。いかなるマジック!? 拡大
1950~1960年代のメルセデス・ベンツに用いられていた2本スポークのステアリングが復活。官能的なカーブを描く。ダッシュボードの流線型との反復がセクシー。
1950~1960年代のメルセデス・ベンツに用いられていた2本スポークのステアリングが復活。官能的なカーブを描く。ダッシュボードの流線型との反復がセクシー。 拡大
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のシートには、より上質なナッパレザーが用いられる。試乗車の内装色はシルクベージュ/エスプレッソブラウン。
「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」のシートには、より上質なナッパレザーが用いられる。試乗車の内装色はシルクベージュ/エスプレッソブラウン。
    拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ハイブリッドの違和感はゼロ

8年ぶりの新型Sクラスのプレスキットのタイトルはこうである。「The aspiration : the best car in the world(野望:ザ・ベスト・カー・イン・ザ・ワールド)」。aspirationには、「熱望の対象」とか「切望」という意味もあるらしい。世界に冠たるメルセデス・ベンツ、自動車の創造主が「世界一のクルマ」をつくりたいと熱望し、「最善か無か」の覚悟でもって挑んだ結果が新型Sクラスである。それは、世界中の顧客が実はメルセデス・ベンツに熱望していたことでもある。帝王よ、目覚めよ、と。

そのSクラスの、日本市場でのスタンダードモデルが3.5リッターV6+電気モーターのS400ハイブリッドで、今回試乗したのはその豪華版たる「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」である。どこが豪華かといえば、革の素材がナッパレザーになったり、19インチホイールが標準になったりする。まことにぜいたくのきわみである。これがスタンダードのちょっと上で、さらにこの上に「S550ロング」と2種の「S63 AMG」がある。ここでは触れないのは、筆者も触れたことがないからである。

S400ハイブリッドで走りだしてみると、ま、なんてことない。そこがスゴイ。2次元のCGのメーターの、奥行きのなさに最初は戸惑ったけれど、すぐに慣れる。ハイブリッドの違和感がゼロといっていい。モーターの制御、エンジンとの連携がバツグンにうまいのだ。

足まわりはフツウのエアサスだけれど、まあ、すばらしいです。ドライバーはシートに座って、たいていステアリングを握る。そのとき、これはどんなクルマなのだろう、と想像する。リムのレザーのタッチがすべすべでフニフニと柔らかく、強く握りしめると硬い芯がある。そのステアリングの感触からくる直感通りの乗り心地、といってよい。

足まわりは他の「Sクラス」と同様にAIRマティックサスペンションで、控えめながら自然なロールを伴う。乗り心地をフラットに保つ新機構「マジックボディーコントロール」はオプションでも用意されない。
足まわりは他の「Sクラス」と同様にAIRマティックサスペンションで、控えめながら自然なロールを伴う。乗り心地をフラットに保つ新機構「マジックボディーコントロール」はオプションでも用意されない。 拡大
ハイブリッドシステムは第2世代に進化し、最高35km/hまでにモーター走行が可能となったほか、高速走行時に惰性でコースティングする「セーリング機能」が備わった。JC08モード燃費は15.4km/リッター。
ハイブリッドシステムは第2世代に進化し、最高35km/hまでにモーター走行が可能となったほか、高速走行時に惰性でコースティングする「セーリング機能」が備わった。JC08モード燃費は15.4km/リッター。 拡大
インパネには優雅さと革新性が同居する。中央には12.3インチの大型液晶ディスプレイが置かれ、その右側のメーターにも同サイズのディスプレイが用いられる。
インパネには優雅さと革新性が同居する。中央には12.3インチの大型液晶ディスプレイが置かれ、その右側のメーターにも同サイズのディスプレイが用いられる。 拡大
センターモニターに表示された、ハイブリッドシステムのエネルギーフロー。
センターモニターに表示された、ハイブリッドシステムのエネルギーフロー。 拡大

オプションの「リアシートコンフォートパッケージ」が装着される試乗車のトランク容量は約480リッター(VDA法)。後席にリクライニング機構が付くために、非装着車と比べて約30リッター少なくなる。


    オプションの「リアシートコンフォートパッケージ」が装着される試乗車のトランク容量は約480リッター(VDA法)。後席にリクライニング機構が付くために、非装着車と比べて約30リッター少なくなる。
    拡大

変わりつつある「権力のあり方」

さらに運転していて、楽しい。メルセデス・ベンツは退屈である。ということが巷間(こうかん)言われたりする。たしかに胸騒ぎするワクワクするナニはないかもしれない。けれど、しみじみとしたよさがある。ステアリングは比較的スローではあるけれど、しっとりとした安心感がある。その安心感に委ねながらのドライブはまことに安心感があって、同じことを言っているだけですけれど、BMW流の「シーア・ドライビング・プレジャー」とは異なる、自動車の本家本元メルセデス流の運転の楽しみがある。

S400ハイブリッドの場合、リチウムイオン電池の搭載位置の関係もあるのだろう。前後重量配分51:49と、メルセデスとしては50:50に近い。それゆえか、フロントヘビー感がない。それでいて抜群の高速スタビリティーがある。V6ユニットは十分な力を持ち、高回転まで回すとグオオオオッという勇ましい快音を発する。電気モーターを使っていても、新幹線みたいではけっしてない。エレキは入れど、ちゃんと自動車なのだ。

メルセデス・ベンツ日本の戦略通り、黒塗りのS400ハイブリッドが東京・丸の内かいわいであまた走り始めることだろう。新型S400ハイブリッドで個人的に好ましいと思ったのは、エバッた感じがあまりしなかったことだ。なんとなく民主的な香りがしたのである。それはもちろん3.5リッターV6、306psと、車重約2トンの高級車としては控えめなことがひとつの理由ではある。スタンダードモデルのちょっと上の仕様なのだ。とはいえ、ま、願望を込めて申し上げるのだけれど、権力のあり方の変貌を新しいSクラスは体現しているのではないか、とはいい過ぎでしょうか……。

(文=今尾直樹/写真=小林俊樹)

新型「Sクラス」のCd値は、従来モデルを0.02下回る0.24。外板デザインだけでなく、接合部のシーリングやアンダーボディーに至るまで徹底的に空力特性が追求されている。
新型「Sクラス」のCd値は、従来モデルを0.02下回る0.24。外板デザインだけでなく、接合部のシーリングやアンダーボディーに至るまで徹底的に空力特性が追求されている。 拡大
タイヤサイズは前が245/45R19、後ろが275/40R19。標準でランフラットタイヤが装着される。ランフラットとは思えぬ、低速でも快適な乗り心地。
タイヤサイズは前が245/45R19、後ろが275/40R19。標準でランフラットタイヤが装着される。ランフラットとは思えぬ、低速でも快適な乗り心地。 拡大
LEDハイパフォーマンスヘッドライトは「Sクラス」全グレードで標準。ヘッドライトに限らず、内外装すべてのライトにLEDを使用する。
LEDハイパフォーマンスヘッドライトは「Sクラス」全グレードで標準。ヘッドライトに限らず、内外装すべてのライトにLEDを使用する。 拡大
なだからに下がるラインで構成されたエレガントなリアビュー。光ファイバーケーブルを使用したリアコンビランプのデザインは、かつての「Sクラス」が用いていた凹凸のランプカバーをモチーフにしているという。
なだからに下がるラインで構成されたエレガントなリアビュー。光ファイバーケーブルを使用したリアコンビランプのデザインは、かつての「Sクラス」が用いていた凹凸のランプカバーをモチーフにしているという。 拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5120×1900×1495mm
ホイールベース:3035mm
車重:2090kg
駆動方式:FR
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:7段AT
エンジン最高出力:306ps(225kW)/6500rpm
エンジン最大トルク:37.7kgm(370Nm)/3500-5250rpm
モーター最高出力:27ps(20kW)
モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)
タイヤ:タイヤ:(前)245/45R19 102Y(後)275/40R19 101Y(グッドイヤー・エフィシエントグリップ<ランフラット>)
燃費:15.4km/リッター(JC08モード)
価格:1270万円/テスト車=1410万円
オプション装備:リアシートコンフォートパッケージ(75万円)/Burmesterハイエンド3Dサラウンドサウンドシステム(65万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2269km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:225.0km
使用燃料:27.1リッター
参考燃費:8.3km/リッター(満タン法)/8.1km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ
メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ 拡大

メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事