レクサスGS300h“バージョンL”(FR/CVT)

売れ筋になる予感 2013.12.03 試乗記 レクサスのミドル級セダン「GS」に、第2のハイブリッドモデル「GS300h」が追加された。その走りは、他のグレードとどう違うのか? じっくりとテストした。

動力性能は予想以上

これは、まあ、予想どおりの展開である。この秋の年次改良にあわせて、「レクサスGS」に、「IS」(そして「トヨタ・クラウン」)と同様の2.5リッター直4エンジンベースのハイブリッドモデルが追加された。車名はもちろん「GS300h」である。

ちなみに、既存のパワートレインもすべて継続設定なので、GSに用意される動力源はこれで合計4機種。トヨタブランドのクラウンと同「クラウンマジェスタ」にあるパワートレインはすべて、このレクサスGSでも選ぶことができるようになった。
GS300hの心臓部は、IS300hやクラウンハイブリッドのそれと基本的に同じである。178psの4気筒ガソリンエンジンに143psの電動モーターを組み合わせたシステム総出力は220ps。指定燃料は、GSでは唯一のレギュラーガソリンである。

……といった基本情報を念頭において、GS300hで走ってみる。GS300hは同じパワートレインのクラウンやISより、はっきりと静かである。“300h”という車名はもちろん、自然吸気エンジン3リッター級の動力性能……という意味。ただし、電気動力特有の低速からグイッと効くキック力のおかげもあって、体感的な速さは250と350の中間地点よりも、ハッキリと350寄り。
車重はクラウンやレクサスIS300hよりおおよそ100kg重いのだが、動力不足はまったく感じない。トータルの動力性能は車名のとおり、ベンツ、ビーエムの「E300」や「528i」のプラスアルファ……といった印象。つまり「必要最低限よりちょっと余裕あり」という、ちょうどいいものである。今回は市街地メインの試乗だったこともあるが、動力性能は予想外に活発である。

「GS450h」に続く、「レクサスGS」“第2のハイブリッドモデル”となる「GS300h」。2013年10月に発売された。
「GS450h」に続く、「レクサスGS」“第2のハイブリッドモデル”となる「GS300h」。2013年10月に発売された。
ハイブリッドシステムは、「レクサスIS300h」や「トヨタ・クラウンハイブリッド」と同じものが採用されている。
ハイブリッドシステムは、「レクサスIS300h」や「トヨタ・クラウンハイブリッド」と同じものが採用されている。
テスト車「バージョンL」のシート。表皮には、高級な品質で知られるセミアニリンレザーがおごられる。
テスト車「バージョンL」のシート。表皮には、高級な品質で知られるセミアニリンレザーがおごられる。
リアビュー。環境性能を意識したモデルらしく、排気管の目立たないデザイン処理がなされる。
リアビュー。環境性能を意識したモデルらしく、排気管の目立たないデザイン処理がなされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る