ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)

「盤石」のさらに上へ 2013.11.28 試乗記 新開発のZF製9段ATを搭載した「レンジローバー イヴォーク」2014年モデルに試乗。最新のトランスミッションがもたらした進化に触れた。

ランドローバーブランドのけん引役

現在、ランドローバーブランドの業績は絶好調……というよりも、過去最高を年ごとに塗り替えている。ちなみに12年度の販売台数は対前年比36%増。この分母に対して、2013年度の販売台数も2桁%増がほぼ確実……と、その勢いはとどまる気配がない。
その背景には新興国でのSUVニーズの拡大もあるが、なにより大きな影響を及ぼしているのが「レンジローバー イヴォーク」の大ヒットだ。ここ日本でもその人気が強力な後押しとなり、ジャガー・ランドローバー・ジャパンの12年度販売実績は対前年比で実に77%と飛躍的な増加を達成した。

そのイヴォークは、14年モデルで初の仕様変更が施される。といっても、大人気の主因であろうエクステリアデザインにはほとんど変更はない。あるいはフォードのエコブーストテクノロジーをベースとした、2リッター直噴4気筒ターボエンジンも従来通りのスペックとなっている。
ガラリと変更されたのはドライブトレインだ。6段ATに代わり、ZF社の最新モデルとなる9段AT「9HP」を世界で初めて搭載、加えて、9HPの付加機能となる4WDのトルクオンデマンドシステム「ECOnnect」を併用し、環境性能の向上を図っている。さらに後軸側には電子制御デファレンシャルを採用、ブレーキ制御を併用するアクティブなトルクベクタリング機能も搭載された。これらの作動状況はセンタークラスターの液晶モニターによって確認することができる。

ちなみにZF側の発表では、従来の6段ATに対して9段ATでは最大16%の燃費向上効果があるという。加えて、低負荷時はFFでの走行を可能とするECOnnectは、フルタイム4WDに対して最大5%の燃費向上効果が見込めるという見解だ。実車の搭載では単純に合わせて21%というわけにはいかないわけだが、イヴォークに実装されての日本仕様の燃費はJC08モードでこれまでの9.0km/リッターから14年モデルでは10.6km/リッター……と、実に19%近い改善効果がみられる。

デビュー初年度の2012年に、全世界で10万8598台が販売された「レンジローバー イヴォーク」。年間販売台数35万台規模のジャガー・ランドローバーにとって、もはや欠かすことのできないモデルとなっている。
デビュー初年度の2012年に、全世界で10万8598台が販売された「レンジローバー イヴォーク」。年間販売台数35万台規模のジャガー・ランドローバーにとって、もはや欠かすことのできないモデルとなっている。
2014年モデルは、ドライブトレインのほかに装備も大幅に強化。接近する車両の存在をドライバーに知らせる「ブラインドスポットモニター」や、自動操舵(そうだ)機能によって駐車をサポートする「パークアシスト」、エマージェンシーブレーキ機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどを採用している。
2014年モデルは、ドライブトレインのほかに装備も大幅に強化。接近する車両の存在をドライバーに知らせる「ブラインドスポットモニター」や、自動操舵(そうだ)機能によって駐車をサポートする「パークアシスト」、エマージェンシーブレーキ機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどを採用している。
日本仕様のシート表皮は、「ピュア」がパーシャルレザー、5ドアの「プレステージ」がオックスフォードレザー、3ドアの「ダイナミック」がグレインレザーとなる。今回の改良では、インテリアのカラーオプションが変更された。
日本仕様のシート表皮は、「ピュア」がパーシャルレザー、5ドアの「プレステージ」がオックスフォードレザー、3ドアの「ダイナミック」がグレインレザーとなる。今回の改良では、インテリアのカラーオプションが変更された。
駆動システムには、必要に応じて4WDとFFとを使い分けるオンデマンド式の4WDを採用。車速約35km/h以上の安定走行時にはFFで走行。必要に応じて、300ミリ秒以内という速さで4WDに切り替わる。
駆動システムには、必要に応じて4WDとFFとを使い分けるオンデマンド式の4WDを採用。車速約35km/h以上の安定走行時にはFFで走行。必要に応じて、300ミリ秒以内という速さで4WDに切り替わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る