マツダ・アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/アクセラスポーツ15S(FF/6MT)/アクセラセダン15S(FF/6AT)

すがすがしいクルマ 2013.12.05 試乗記 ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムと、幅広いパワーユニットをそろえる新型「アクセラ」。今回はその基本、ガソリンエンジン搭載車を公道で試した。

マツダの意地の象徴

「ソウルレッドプレミアム」という鮮やかな赤一色に染まった東京モーターショーのマツダブースのステージ上には、3種のパワートレインを積む新型「アクセラ」3台がそろい踏みしていた。ひとつの車種にガソリンエンジン、ハイブリッド、そしてディーゼルターボという3種類のパワーユニットをそろえているのは日本車ではアクセラだけ、というより世界的に見ても、実際に市販モデルを取りそろえて発売しているのはメルセデス・ベンツやBMW、ポルシェといったプレミアムブレンドに限られる。ようやくスカイアクティブ第3弾たるアクセラのすべてをお披露目したマツダにとって、今回のショーは文字通りの晴れ舞台であろう。

マツダはリーマンショック以前から独自の「ビルディングブロック戦略」に基づき、ハイブリッドやプラグインハイブリッドといったモーター駆動技術を採用する前に、まず内燃エンジンやボディーなどの基本技術を一新するという方針を打ち出し、着実に実行してきた。その技術の総称がスカイアクティブ・テクノロジーだが、ちょうど電気自動車(EV)が注目された時期と重なったせいで、当時経済紙などのメディアからは「今時ハイブリッドモデルもEVもないなんて」という質問が繰り返し投げかけられたことを覚えている。

だが新聞が書き立てた通りにはいかなかった。少なくともEVについてはその限定的な実用性のために思ったように普及は進まず、いっぽうでスカイアクティブ技術を搭載してデビューした「CX-5」や「アテンザ」のディーゼルモデルは供給が追い付かないほどユーザーの人気を集めている。とはいえ、マツダの立ち位置は変わらず、開発主査も「少数でいいから熱いファンを獲得したい」と明言する。こういうことをはっきりと言い切れるのはマツダだけだろう。個人レベルでは同じことを考えていても、会社の看板を背負ったらなかなかそうはいかず、世間向けに「できるだけ多くのお客さまに楽しんでいただきたい」などと当たり障りのない物言いになるのが普通だ。そんなところにも、土俵際から押し返したマツダの覚悟と力強さを感じるのだ。

2013年11月21日に発売されたアクセラのガソリンモデルには、スカイアクティブ技術が投入された新しい1.5リッター直噴ガソリンエンジンと、従来型をさらに改良した2リッター直噴ユニット(こちらはハッチバックの「アクセラスポーツ」だけの設定)が載り、どちらのエンジンにも6MTと電子制御6ATが設定される。ただし2リッターの6MT仕様だけは少し遅れて2014年春の発売予定である。

2リッターガソリンエンジン搭載の最上級グレード「アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ」。2リッターガソリンは5ドアハッチバックボディーのみの設定。
2リッターガソリンエンジン搭載の最上級グレード「アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ」。2リッターガソリンは5ドアハッチバックボディーのみの設定。
1.5リッターガソリンの「アクセラスポーツ15S」。外観上の識別点はタイヤ。2リッターが18インチなのに対し、1.5リッターは16インチとなる。
1.5リッターガソリンの「アクセラスポーツ15S」。外観上の識別点はタイヤ。2リッターが18インチなのに対し、1.5リッターは16インチとなる。
1.5リッターの「アクセラセダン15S」。セダンボディーは1.5リッターガソリンのほか、ハイブリッド仕様に設定される(ハイブリッドはセダンのみ)。
1.5リッターの「アクセラセダン15S」。セダンボディーは1.5リッターガソリンのほか、ハイブリッド仕様に設定される(ハイブリッドはセダンのみ)。
2リッターガソリンエンジン(155ps、20.0kgm)はアイドリングストップのi-stopと、キャパシターによる減速エネルギー回生システムのi-ELOOPを搭載する。JC08モード燃費は19.0km/リッター(標準仕様)。
2リッターガソリンエンジン(155ps、20.0kgm)はアイドリングストップのi-stopと、キャパシターによる減速エネルギー回生システムのi-ELOOPを搭載する。JC08モード燃費は19.0km/リッター(標準仕様)。
新開発の1.5リッターガソリンエンジン(111ps、14.7kgm)にはi-ELOOPは付かず、i-stopのみを採用。JC08モード燃費は19.2~19.6km/リッター(FF車)。
新開発の1.5リッターガソリンエンジン(111ps、14.7kgm)にはi-ELOOPは付かず、i-stopのみを採用。JC08モード燃費は19.2~19.6km/リッター(FF車)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • 新型「マツダ・アクセラ」発表会の会場から 2013.10.9 画像・写真 マツダが新型「アクセラ」を発表。会場の様子を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る