ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場

2013.11.26 自動車ニュース
ボルボの「V60ポールスター」(写真左)と「S60ポールスター」
ボルボの「V60ポールスター」(写真左)と「S60ポールスター」

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場

ボルボ・カー・グループは2013年11月26日、ポールスター社が手がける初のコンプリートカー「ボルボS60ポールスター(Polestar)/V60ポールスター」の概要を発表した。

「S60ポールスター」
「S60ポールスター」
「V60ポールスター」
「V60ポールスター」

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場の画像

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場の画像

セダン「S60ポールスター」とワゴンの「V60ポールスター」は、ボルボのモータースポーツ活動を支えるポールスター社がチューニングを手がけるコンプリートカー。
これまでも同社が開発したチューニングキットや、それを組み込んだ台数限定の特別仕様車が発売されたことはあったが、今回は、初の量産型コンプリートカーとして扱われる。

ベースとなるのは、S60/V60ともに、3リッター直6ターボエンジンを搭載する4WDモデル。ボルグワーナー製の新しいターボとインタークーラーの採用で、350ps/5700rpmと51.0kgm/2800-4750rpmを発生。0-100km/h加速=4.9秒、最高速度=250km/h(リミッター作動)という、ハイパフォーマンスを発揮する。

トランスミッションは、ポールスター社が専用チューニングを施した6段ATのみ。同じくポールスター・チューンのハルデックス製4WDシステム(後輪へのトルク配分が増大)を介して、四輪を駆動する。ローンチコントロール機能も装備。スタビリティーコントロールシステムにも手が加えられている。

その他、オーリンズ製のショックアブソーバーや20インチの専用ホイール、フロント:371mm/リア:302mmのベンチレーテッドブレーキディスク、ブレンボ製の6ピストンブレーキキャリパー(フロント)などで足まわりも武装。
空力性能を向上させるための新しいリアスポイラーやディフューザー、コントロール性に優れるステアリングホイール、サポート性の増したシートなど、内外装についてもグレードアップが図られている。

この「S60ポールスター」「V60ポールスター」が扱われるのは、スウェーデンや日本の他に、アメリカ、イギリス、カナダ、オランダ、スイス、そして中国などの各市場。デリバリーは2014年6月に始まる予定で、日本では台数限定で販売される見込みだ。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る