「トヨタ・アクア」が燃費トップに返り咲き

2013.11.26 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS」
「トヨタ・アクアS」

トヨタ、「アクア」を一部改良。燃費37.0km/リッターを実現。

トヨタ自動車は2013年11月26日、小型ハイブリッド車「アクア」の燃費を37.0km/リッターまで向上させ、同年12月2日に発売すると発表した。

「トヨタ・アクアG“ブラックソフトレザーセレクション”」のインパネまわり。
「トヨタ・アクアG“ブラックソフトレザーセレクション”」のインパネまわり。

今回の一部改良では、エンジン内部の摩擦抵抗を低減するとともにモーターやインバーターなどの制御を変更するなど、ハイブリッドシステムの効率を高めることで燃費を改善。これにより、9月に登場した「ホンダ・フィットハイブリッド」(36.4km/リッター)を上回る37.0km/リッターの燃費を実現した。(燃費値はいずれもJC08モード)
また、遮音材の追加などによって静粛性を高め、サスペンションをチューニングすることで乗り心地を改善するなど、快適性の向上も図っている。

装備については、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能を追加。フロントドアガラスにはっ水機能を、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を、それぞれ加えた。

ボディーカラーは、新色のディープアメジストマイカメタリックを含む全11色とするとともに、スピードメーターの文字色も変更している。

ラインナップと価格は以下の通り。
L:170万円
S:181万円
G:187万円
G“ブラックソフトレザーセレクション”:195万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る