「トヨタ・アクア」のスポーツバージョンが登場

2013.11.26 自動車ニュース
「トヨタ・アクア“G's”」
「トヨタ・アクア“G's”」
    拡大

トヨタ、「アクア」にスポーツコンバージョン車“G’s”を新設定

トヨタ自動車は2013年11月26日、小型ハイブリッド車「アクア」にスポーツコンバージョン車“G SPORTS(通称G’s)”を新設定し、同年12月9日に発売すると発表した。

今回の「アクア“G’s”」は「“CONTROL AS YOU LIKE”~意のままに操る喜びを~」をコンセプトに開発された“G’s”シリーズの第6弾モデル。上級グレードの「G」をベースに、「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求するため、コイルスプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンション(約25mmダウン)を採用。さらに、アンダーボディーへの補強材追加やスポット溶接打点の追加、専用17インチアルミホイール、高性能タイヤの採用などによって、「ハイブリッド車のイメージを一新するスポーティーな乗り味」を実現したとうたわれる。

一目見て“G’s”と分かる、大胆なデザインもセリングポイントのひとつで、内外装にも下記の専用装備が付与されている。価格は222万円。

アクア“G’s”の専用装備内容
<エクステリア>
・G’s専用フロントバンパー(専用クリアターンランプ内蔵/スモークメッキ加飾)
・G’s専用サイドサイドマッドガード
・G’s専用ハロゲンヘッドランプ(ブラックエクステンション加飾)
・G’s専用LEDイルミネーションビーム(コンソールスイッチ付き)
・G’s専用リアバンパー(スモークメッキ加飾)
・G’s専用フェンダーガーニッシュ(「HYBRID」ロゴ・「G’s」ロゴ付き)
・G’s専用エンブレム(バックドア)
・G’s専用17インチアルミホイール&タイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE050A)(※オプション)

<インテリア>
・G’s専用フロントスポーティーシート(アルカンターラ表皮+パーフォレーション+シルバーステッチ<「G’s」エンブレム付き>)
・アームレスト付きセンターコンソールボックス(シルバーステッチ入り)
・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ入り/ラメ入りピアノブラック塗装)
・G’s専用本革巻きシフトノブ(クリスタルレッド/シルバーステッチ入り/「G’s」ロゴ付き)&シフトベゼル(ラメ入りピアノブラック塗装)
・オートエアコン(ラメ入りピアノブラック塗装パネル)&エアコン温度調整ダイヤル(スピンドル調加工)
・インパネ助手席オーナメント(合皮巻き/シルバーステッチ入り)&アクセントカラー(メッキ加飾)&サイドレジスター(ラメ入りピアノブラック塗装+メッキ加飾)
・フロントパワーウィンドウスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装+メッキ加飾)
・G’s専用パワースイッチ(レッド/「G’s」ロゴ付き)
・アルミペダル(アクセル・ブレーキ)
・スピーカーリング(メッキ加飾)

(webCG)
 

関連キーワード:
アクアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アクア」の衝突回避機能がレベルアップ 2018.4.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月3日、コンパクトカー「アクア」の仕様変更を発表。あわせて、ブラック基調のインテリアを特徴とする特別仕様車「S“スタイルブラック”」を発売した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • 「トヨタ・アクア」にスタイリッシュな特別仕様車 2017.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月14日、ハイブリッド車「アクア」に特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し、販売を開始した。「S」グレードをベースに、特別な内外装を装備したほか、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を標準装備として安全性の向上を図っている。
ホームへ戻る