BMW 435iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)

あくまでもエレガント 2013.12.04 試乗記 「3シリーズクーペ」の後継を担う新型車「BMW 4シリーズ」に試乗。1960年代から連綿と受け継がれてきた、BMW製クーペの伝統に触れた。

ぜいたくなクルマ

取材日の朝は雨模様だった。薄暗い駐車場にたたずむ「BMW 435iクーペ」は、ガンメタという色のせいか、まるで戦闘機のようにも見えた。もちろん戦闘機でないことは私も知っております。屋根のある駐車場内で撮影するため、『webCG』編集部のスタッフがクルマを動かすことになった。私はそれをぼんやり外から見ていた。ヴォンッ! という爆発音が轟(とどろ)いた。たいそう活発なモデルなんだな、と私は思った。実際にステアリングを握ってみると、このとき抱いた私の印象は間違っていた。

「4シリーズ」という独立した名称を初めて与えられた「3シリーズ」ベースの2ドアクーペ、その現時点でのトップモデルが435iである。搭載するエンジンは、バイエルンの代名詞たる直列6気筒。排気量は3リッター、お得意のツインパワーなる過給システムを加えて、最高出力306ps/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生するN55B30A型ユニットである。

ボディーサイズは、現行3シリーズベースゆえ、2810mmのホイールベースは同一ながら、若干長く、幅広く、低くなっている。ワイド&ローを強調した、後輪駆動の古典的スポーツカー・プロポーション。ボディーが拡大したせいか、それともタイヤ&ホイールが1サイズ格上の19インチを標準としているためか、あるいは装備充実のためか、4気筒同士の比較だとセダンより10kg重くなっている。乗車定員は1名減の4人乗りで、価格は30万円弱高い(「328i」と「428i」との比較。なぜ4気筒で比較しているかというと、セダンには「335i」の設定がないから)。いずれにせよ、4人乗りクーペは5人乗りのセダンより実用性が低い分、ぜいたく品なのだ。

435iはドアを開けた瞬間、「6シリーズ」もかくや、と思わせるゴージャス感で乗る者をワクワクさせる。試乗車の内装は「コーラル・レッド」と呼ばれる深紅で、ダコタレザーの標準シートを備えている。ダッシュボードのフェイシアにはウッドパネルが用いられている。様式的にはトラッド・スポーツカーなのだ。着座位置はセダンよりグッと低い。ペタンと地面に座るような低さ。セダンより10mm地球に近づき、重心の低さを感じる。室内は特に横方向にゆとりがあり、リッパなミディアムクーペの風格がある。

「BMW 4シリーズクーペ」は、従来の「3シリーズクーペ」の後継を担うモデルとして登場。2013年の東京モーターショーではオープンモデルの「カブリオレ」も発表された。
「BMW 4シリーズクーペ」は、従来の「3シリーズクーペ」の後継を担うモデルとして登場。2013年の東京モーターショーではオープンモデルの「カブリオレ」も発表された。
インパネまわりの基本設計は「3シリーズ」とほぼ共通。写真のテスト車はスポーティーな仕様の「Mスポーツ」で、標準車とはステアリングの形状などが異なる。
インパネまわりの基本設計は「3シリーズ」とほぼ共通。写真のテスト車はスポーティーな仕様の「Mスポーツ」で、標準車とはステアリングの形状などが異なる。
上級グレードの「435i」は、「スポーツ」や「ラグジュアリー」といったデザイン・ラインの種類を問わず、シート表皮には全車ダコタレザーを採用している。
上級グレードの「435i」は、「スポーツ」や「ラグジュアリー」といったデザイン・ラインの種類を問わず、シート表皮には全車ダコタレザーを採用している。
「4シリーズ」の後席は2人乗り。座面から天井までの高さは、3シリーズの920mmから870mmに減じている。
「4シリーズ」の後席は2人乗り。座面から天井までの高さは、3シリーズの920mmから870mmに減じている。
トランクルームの広さは445リッター。後席は6:4の2分割可倒式が標準で、4:2:4の3分割可倒式リアシート(スルーローディングシステム)は、2万8000円のオプション装備となる。
トランクルームの広さは445リッター。後席は6:4の2分割可倒式が標準で、4:2:4の3分割可倒式リアシート(スルーローディングシステム)は、2万8000円のオプション装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る