トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジ

2013.11.28 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。

トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2013年11月27日、商用ワンボックス車の「ハイエース(バン/ワゴン/コミューター)」「レジアスエース(バン)」をマイナーチェンジし、同年12月9日に発売すると発表した。

バンの標準ボディー「スーパーGL」。
バンの標準ボディー「スーパーGL」。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
バンの「スーパーGL」。
バンの「スーパーGL」。

トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジの眼目は、内外装デザインのブラッシュアップと利便性の向上である。エクステリアでは、フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更したほか、リア側面には凹凸の少ないスライドウィンドウを採用することでサイドビューをより洗練させた。また、全車にオプションで、LEDヘッドランプ(ロービーム)や鋭角的なラインのアルミホイールを設定した。さらに一部グレードでは、ガラスアンテナも採用している。ボディーカラーは、ハイエースおよびレジアスエースのバン「スーパーGL」にボルドーマイカメタリックを新採用したほか、ハイエース、レジアスエースのバン「DX」(ロングボディー)にブラックマイカを追加設定した。

一方のインテリアでは、エアコンのボタンやダイヤルをはじめとするセンタークラスターパネルのデザイン変更を変更したほか、平均燃費や外気温度など各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備とした。

このほか、利便性向上のためバックドアにイージークローザーを採用。デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチをオプション設定した。

走行性能に関連する変更点としては、ドアミラーやリアコンビネーションランプなどに優れた走行安定性実現に寄与するとされる「エアロスタビライジングフィン」を採用。さらに、バン「スーパーGL」のFR車では、乗り心地向上のため、ショックアブソーバーなどサスペンションのチューニングを改めている。

価格は、ハイエース(バン)/レジアスエース(バン)が209万7000円~328万7000円。ハイエース(ワゴン)は253万3000円~358万7000円。ハイエース(コミューター)は281万8000円~335万6000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハイエースワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ、ハイエースに上質な内装の特別仕様車 2012.11.1 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ハイエース」「レジアスエース」のバンに、特別仕様車「スーパーGL “PRIME SELECTION”」を設定。2012年11月1日に発売した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も 2014.12.16 自動車ニュース トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を改良。2015年1月6日に発売する。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
ホームへ戻る