トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジ

2013.11.28 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。

トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2013年11月27日、商用ワンボックス車の「ハイエース(バン/ワゴン/コミューター)」「レジアスエース(バン)」をマイナーチェンジし、同年12月9日に発売すると発表した。

バンの標準ボディー「スーパーGL」。
バンの標準ボディー「スーパーGL」。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
バンの「スーパーGL」。
バンの「スーパーGL」。

トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジの眼目は、内外装デザインのブラッシュアップと利便性の向上である。エクステリアでは、フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更したほか、リア側面には凹凸の少ないスライドウィンドウを採用することでサイドビューをより洗練させた。また、全車にオプションで、LEDヘッドランプ(ロービーム)や鋭角的なラインのアルミホイールを設定した。さらに一部グレードでは、ガラスアンテナも採用している。ボディーカラーは、ハイエースおよびレジアスエースのバン「スーパーGL」にボルドーマイカメタリックを新採用したほか、ハイエース、レジアスエースのバン「DX」(ロングボディー)にブラックマイカを追加設定した。

一方のインテリアでは、エアコンのボタンやダイヤルをはじめとするセンタークラスターパネルのデザイン変更を変更したほか、平均燃費や外気温度など各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備とした。

このほか、利便性向上のためバックドアにイージークローザーを採用。デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチをオプション設定した。

走行性能に関連する変更点としては、ドアミラーやリアコンビネーションランプなどに優れた走行安定性実現に寄与するとされる「エアロスタビライジングフィン」を採用。さらに、バン「スーパーGL」のFR車では、乗り心地向上のため、ショックアブソーバーなどサスペンションのチューニングを改めている。

価格は、ハイエース(バン)/レジアスエース(バン)が209万7000円~328万7000円。ハイエース(ワゴン)は253万3000円~358万7000円。ハイエース(コミューター)は281万8000円~335万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
ハイエースワゴントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・ハイエース」の安全性能がアップ 2017.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月22日、一部仕様を変更したワンボックスモデル「ハイエース」および「レジアスエース」を発表した。同年12月1日に販売が開始される。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記
  • 「トヨタ・ヴォクシー」に、シルバーを効かせた特別仕様車 2017.11.24 自動車ニュース