スズキがAセグメント車のコンセプトモデル発表

2013.11.28 自動車ニュース
「スズキA:Wind(エーウインド)」
「スズキA:Wind(エーウインド)」

スズキがAセグメント車のコンセプトモデルを発表

スズキは、2013年11月28日から開催されている第30回タイ国際モーターエキスポにおいて、新しいコンセプトモデル「A:Wind(エーウインド)」を発表した。

「A:Wind」のプレゼンテーションを行う、スズキの鈴木俊宏副社長。
「A:Wind」のプレゼンテーションを行う、スズキの鈴木俊宏副社長。

A:Windは、「Dynamic Body(ダイナミックなボディー)×Roomy Cabin(広々とした室内)×Fine Quality(上質)」をテーマに開発されたAセグメント車である。

車名の「A:Wind」とは、「Aセグメントに新たな風(wind)を吹き込む車」という意が込められたもの。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3600×1600×1540mmで、パワーユニットには996ccのガソリンエンジンが搭載されている。

スズキは同車をもとにした量産車を、タイ政府が推進しているエコカープロジェクトに適合する2車種目のモデルとして、2014年にスズキ・モーター・タイランド社で生産を開始する。タイ国内での販売に加え、順次輸出を行う予定としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。