第64回:カワイイ系熟女の2CVカーチェイスに萌えろ!
『REDリターンズ』

2013.11.29 エッセイ

チェロキーが大爆発、即死か!?

前回の『ミッドナイト・ガイズ』に続き、またしてもジジイ映画である。今度はジジイだけじゃなくてババア……いや、魅力的なオバサマも出てくるからさらに強力だ。2010年の『RED/レッド』の続編である。前回最高齢だったモーガン・フリーマンが射殺されてしまったが、代わりにアンソニー・ホプキンスが入ってきたから、平均年齢はあまり下がっていないようだ。

REDとは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の意味で、ブルース・ウィリスの演じるフランクは元CIAの敏腕エージェントだ。ゆったり年金生活を楽しんでいたのに、またも世界の危機に立ち向かうハメになる。シュワちゃんとけんかして『エクスペンダブルズ3』には出られないから、こっちでガンバるしかない。

恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)とデートを楽しんでいると、前回生き残ったマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が現れてしつこく新たな任務に誘う。修羅場はコリゴリのフランクはキッパリ拒絶すると、諦めて帰ろうとしたマーヴィンの乗った「ジープ・チェロキー」が爆発して彼は即死。葬儀を執り行っていると、今度はフランクがFBIに襲撃される。危機を救ったのは、死んだはずのマーヴィン。やはり、今度も世界を救いにいかなければならないようだ。

Ⓒ2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 
Ⓒ2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 

第64回:カワイイ系熟女の2CVカーチェイスに萌えろ!『REDリターンズ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。