「シボレー・カマロ」大幅改良でデザイン一新

2013.11.29 自動車ニュース
「シボレー・カマロLT RS」
「シボレー・カマロLT RS」 拡大

「シボレー・カマロ」大幅改良でデザイン一新

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年11月29日、2ドアクーペ「シボレー・カマロ」の改良モデルを発表した。2014年1月11日に販売を開始する。

今回の改良はエクステリアデザインの変更が中心となっている。
具体的には、フロントまわりではアッパーグリルを小型化し、新形状のヘッドランプを採用。バンパーのロワグリルを広げて、両サイドにプロジェクタータイプのフォグランプを装備したほか、パワーバルジにエアスクープを設けた(「LT RS」ではダミー)新デザインのエンジンフードを採用した。
一方リアまわりでは、新たにLEDテールランプを採用。バンパーの形状も一新している。

またインテリアでも、ドライバーインフォメーションセンター(速度計と回転計の間に設けられたマルチファンクションディスプレイ)をカラー表示化するなどの変更を実施した。

価格は、3.6リッターV6エンジン車の「LT RS」が455万円、同じエンジンを搭載する「コンバーチブル」が530万円、6.2リッターV8エンジン車の「SS RS」が565万円。

(webCG)


 

関連キーワード:
カマロカマロ コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • トヨタ・カローラハッチバック【開発者インタビュー】 2018.6.9 試乗記 「オーリス」の後を継ぐモデルとして販売される、次期「カローラハッチバック」。その開発には、どんな思いが込められているのか。チーフエンジニアを務める小西良樹さんと、デザインを取りまとめた宇角直哉さんに話を聞いた。
ホームへ戻る