世界のラジオが楽しめるシボレー・ソニック登場

2013.11.29 自動車ニュース
「シボレー・ソニック スポーツライン」
「シボレー・ソニック スポーツライン」

世界中のラジオが楽しめる「シボレー・ソニック」登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年11月29日、一部改良を施した「シボレー・ソニック」を同年11月30日に発売すると発表した。

「シボレー マイリンク(MyLink)」のタッチスクリーン。
「シボレー マイリンク(MyLink)」のタッチスクリーン。
インターネットラジオ「TuneIn」のアプリ。
インターネットラジオ「TuneIn」のアプリ。

世界のラジオが楽しめるシボレー・ソニック登場の画像

今回の改良では、7インチカラータッチスクリーンディスプレイを備えたインフォテインメントシステム「シボレー マイリンク(MyLink)」を新採用。USBポートやAUX IN端子、Bluetooth通信などにより、携帯端末の音楽や写真、動画などを視聴できるようになった。

また、このシステムはインターネットラジオ「TuneIn(チューンイン)」のアプリを標準装備しており、携帯端末を介して世界で10万以上のラジオ局が配信する音楽、ニュース、スポーツなどの最新情報を聴くことが可能となっている。

このほかの変更点は、以下の通り。
・フロントフォグランプを標準装備
・ドアミラーに、ウインカーランプを装備
・ボディー同色のリアスポイラーを採用(スポーツラインは従来モデルから採用)
・ハロゲンヘッドランプに、オートライト機能を追加
・アーティフィシャルレザーステアリングを採用
・ステアリングにオーディオなどのコントロールスイッチを追加
・スピーカーの数を4個から6個に変更
・運転席パワーウィンドウに、ワンタッチ(アップ・ダウン/挟み込み防止)機能を追加
・ボディーカラーを5色から4色に変更

価格は「LT」が198万円、「スポーツライン」が229万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る