世界のラジオが楽しめるシボレー・ソニック登場

2013.11.29 自動車ニュース
「シボレー・ソニック スポーツライン」
「シボレー・ソニック スポーツライン」

世界中のラジオが楽しめる「シボレー・ソニック」登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年11月29日、一部改良を施した「シボレー・ソニック」を同年11月30日に発売すると発表した。

「シボレー マイリンク(MyLink)」のタッチスクリーン。
「シボレー マイリンク(MyLink)」のタッチスクリーン。
インターネットラジオ「TuneIn」のアプリ。
インターネットラジオ「TuneIn」のアプリ。

世界のラジオが楽しめるシボレー・ソニック登場の画像

今回の改良では、7インチカラータッチスクリーンディスプレイを備えたインフォテインメントシステム「シボレー マイリンク(MyLink)」を新採用。USBポートやAUX IN端子、Bluetooth通信などにより、携帯端末の音楽や写真、動画などを視聴できるようになった。

また、このシステムはインターネットラジオ「TuneIn(チューンイン)」のアプリを標準装備しており、携帯端末を介して世界で10万以上のラジオ局が配信する音楽、ニュース、スポーツなどの最新情報を聴くことが可能となっている。

このほかの変更点は、以下の通り。
・フロントフォグランプを標準装備
・ドアミラーに、ウインカーランプを装備
・ボディー同色のリアスポイラーを採用(スポーツラインは従来モデルから採用)
・ハロゲンヘッドランプに、オートライト機能を追加
・アーティフィシャルレザーステアリングを採用
・ステアリングにオーディオなどのコントロールスイッチを追加
・スピーカーの数を4個から6個に変更
・運転席パワーウィンドウに、ワンタッチ(アップ・ダウン/挟み込み防止)機能を追加
・ボディーカラーを5色から4色に変更

価格は「LT」が198万円、「スポーツライン」が229万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・クルーズ1.5 LT 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2002.5.21 試乗記 ……180.3万円
    総合評価……★★




  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)【試乗記】 2001.11.7 試乗記 シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)
    ……149.8/165.3万円

    第35回東京モーターショーで、お披露目されたGMとスズキの共同開発モデル、シボレー・クルーズ。1.5リッターモデルは「GMオートワールド」ネットワークで、1.3リッター車はスズキ「アリーナ」店にて、いずれも“シボレー”ブランドで販売される。山梨県は河口湖で開催されたプレス向け試乗会に、webCG記者が赴いた。


  • 「ジープ・グランドチェロキー」に黒が特徴の限定車NEW 2017.2.20 自動車ニュース 「ジープ・グランドチェロキー」に黒い外装が特徴の特別仕様車「アルティテュード」が登場。エアサスペンションや20インチアルミホイール、スエードとレザーのコンビシートなど、装備も充実している。価格は513万円。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールドNEW 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る