第214回:「ディーノ」は大切なクルマです
パオロ・ピニンファリーナCEOが来日

2013.11.29 エッセイ
ピニンファリーナグループのパオロ・ピニンファリーナCEO(左)。
ピニンファリーナグループのパオロ・ピニンファリーナCEO(左)。

イタリアンカロッツェリアの雄・ピニンファリーナの美意識は、これまでどのように受け継がれてきたのだろうか――TSUTAYAやTカードなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2013年11月27日、ピニンファリーナグループのパオロ・ピニンファリーナ最高経営責任者(CEO)を代官山 蔦屋書店(東京都渋谷区)に招き、トークイベントを開催した。父、セルジオ・ピニンファリーナの思い出や、名車「ディーノ」への思いなど、なかなか聞けない貴重な話に、会場はじっと耳を傾けていた。

ピニンファリーナCEO(左)とCCCの増田宗昭社長(右)。
ピニンファリーナCEO(左)とCCCの増田宗昭社長(右)。
両氏それぞれに、「ディーノ」にまるわる大切な思い出がある。
両氏それぞれに、「ディーノ」にまるわる大切な思い出がある。
CCCの増田社長。
CCCの増田社長。

「銀の魚」に父と2人で

トークイベントのテーマは「デザインで文化を創る~世界を変えるための新しいスタイル、建築学的方法~」というもの。ピニンファリーナグループといえば、いまでは自動車だけでなく、建築に家具、家電、そして小型ジェット機などの運輸関連を手がける総合的なデザインハウスとして知られる。
その代表を務めるパオロ・ピニンファリーナCEOと、CCCの増田宗昭代表取締役社長兼CEOが、デザインから文化、美、そしてライフスタイルにいたるまでを語り合うというのが、今回のイベントの趣旨である。

まずはCCCの増田社長が、「私とピニンファリーナ(の作品)との出会いはといいますと……」と切り出した。
「今から40年ほど前、大学生時代に観光ツアーでローマに行ったときのことです。私が乗っていた観光バスを、銀色の『ディーノ』が抜いていきました。当時私は『トヨタ・カローラ』に乗っていたんですが、その“別物感”に圧倒されました。いつか買おうと誓ったんです」

すると、ピニンファリーナ氏も、「私にとってもディーノはとても大事なクルマです」と答えた。
「当時、私の父(セルジオ・ピニンファリーナ氏)は『フェラーリ365GTC/4』に乗っていました。週末になると私と兄(アンドレア・ピニンファリーナ氏)を乗せて、いろいろなところに連れて行ってくれました。いつも父が運転し、私と兄が後席に座って」
GTCは2+2シーターだが、多くのフェラーリは2シーター。父がディーノで出掛けるときは、兄をさしおいて、弟である自分が指名されなくてはならない。そんな自分にある日、チャンスが回ってきた。

「イタリアのリヴィエラ海岸の町でヨットに乗って、陸に戻ると、父が『お前に銀の魚を紹介するよ』と言って、ディーノを見せてくれたのです。当時はそこから(自宅がある)トリノまで3時間ぐらいかかりましたが、『銀の魚』に父と一緒に、しかも助手席に座るということは、私にとって特別な体験でした」
パオロ少年、10歳のころの思い出という。

ディーノは特別なクルマ、という共通点を見いだした両氏。話は2013年のジュネーブショーで公開されたコンセプトカー「セルジオ」に及んだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ