「BMW 5シリーズ」全車に最新の安全装備

2013.11.29 自動車ニュース
 
「BMW 5シリーズ」全車に最新の安全装備の画像

「BMW 5シリーズ」全車に最新の安全装備を搭載

BMWジャパンは、「BMW 5シリーズ」の全モデル(ハイパフォーマンスモデル「M5」を除く)に、運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備し、2013年11月29日に発売した。

 

「ドライビング・アシスト・プラス」は、カメラとミリ波レーダーセンサーを併用する運転支援システムで、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「アクティブ・クルーズ・コントロール」などを含む以下の機能が含まれる。

・前車接近警告機能衝突の危険性が高まった際、ドライバーに警告する。
・衝突回避・被害軽減ブレーキ:上記の警告を行ったうえで追突が不可避と判断した場合、自動的にブレーキをかけ、衝突を回避または被害の軽減を図る。歩行者検知機能も有しており、歩行者に接近した際もドライバーへの警告やブレーキングを実施する。
・アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き):前方の車両との車間距離を維持しながら、車速を自動的に制御する。
・レーン・ディパーチャー・ウォーニング:カメラを使い、車線の逸脱をセンシング。意図しない車線逸脱と判断された場合には、ドライバーに対して警告を行う。

これまでは「535i」(xDriveツーリング含む)「550i」「アクティブハイブリッド5」に限り装備されていたが、今回、「523i」「523d」「528i」にも搭載された。

また、「5シリーズ」のモデルラインナップも見直された。従来のデザインライン「モダン」「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」に加え、スタンダードなグレードも、各モデルに対して追加された。

価格は、5シリーズセダンが、523iの615万円から550i M Sportの1118万円まで。5シリーズツーリングが523i ツーリングの648万円から550i ツーリング M Sportの1151万円まで。5シリーズグランツーリスモが、528i グランツーリスモの731万円から550i グランツーリスモ M Sportの1196万円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る