フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)

何事も楽しむべし! 2013.12.08 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?

中身は先代「ゴルフGTI」?

瞠目(どうもく)すべき高速ツアラーである。アウトバーンの追い越し車線をぶっ飛ばすことができる「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のカタチをした200km/hカーなのだ。真価は高速道路にあがってからである。低速での乗り心地は硬めで、100km/h以上になると、水を得た魚的に快適になる。タイヤは235/45R18の「コンチスポーツコンタクト3」。けっこうな偏平率である。町中だと、ビシバシはこないけれど、ある種の覚悟はしておいた方がいい。ま、人間すぐに慣れるものではありますが。

「ザ・ビートル ターボ」は、先代「ゴルフGTI」の魔界転生版である。臨兵闘者皆陣列在前!
それゆえに、というべきか、先代ゴルフGTIとは性格を異にするところもある。

最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを生み出す2リッター直4ツインカムターボは先代ゴルフGTIと基本的に同じだ。ところが、である。このエンジン、筆者の記憶のなかのゴルフGTIとはまるで別物なのだ。

始動した瞬間からそれは明瞭である。ヴォンッ! と一発ほえるものの、ごく控えめで、数値的には1700rpmから5200rpmに至る広範囲で最大トルクを発生するフラットトルク型なのだけれど、フィーリングはぜんぜんフラットではない。アクセル開度が半分以下だと、ターボチャージャーは眠っているがごとく。一方で、ガバチョと踏み込んだときの仕事ぶりは目覚ましい。ダッシュボードに設けられたターボ圧計がビューンと跳ね上がり、グオオオオッという快音を静かに発しながら、遠くの景色を見る見る近くにたぐり寄せる。その加速感は天井のなきがごとし。13.4km/リッター(JC08モード)という低燃費と高出力を、このような設定によって両立させているのだろう。

メカニズム面で大きく異なる点もある。先代ゴルフGTIが前方排気であるのに対して、ザ・ビートル ターボは後方排気なのだ。エンジンが逆向きに置かれている! 触媒の位置を排気管に近づけ、始動早々に暖めて排ガスをクリーンにする方策がとられている。これがドライビングフィールにいかなる影響を及ぼしているのか、については筆者は詳(つまび)らかではない。

外観上は、ツートンカラーの18インチホイールやリアスポイラー、リアディフューザー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどが目印。ドアミラーやサイドスカートなど、随所にブラックのアクセントを用いている。
外観上は、ツートンカラーの18インチホイールやリアスポイラー、リアディフューザー、クロムデュアルエキゾーストパイプなどが目印。ドアミラーやサイドスカートなど、随所にブラックのアクセントを用いている。
先代「ゴルフGTI」ゆずりの2リッター直4ターボエンジン。211ps、28.6kgmというアウトプットもそのままだ。
先代「ゴルフGTI」ゆずりの2リッター直4ターボエンジン。211ps、28.6kgmというアウトプットもそのままだ。
足元には、ブラックとシルバーのツートンカラーを採用した8J×18インチサイズのホイールを装備。スリットから、赤く塗られたブレーキキャリパーがのぞく。
足元には、ブラックとシルバーのツートンカラーを採用した8J×18インチサイズのホイールを装備。スリットから、赤く塗られたブレーキキャリパーがのぞく。
エンジン同様、トランスミッションにも先代「ゴルフGTI」が採用していた6段DSGを搭載する。
エンジン同様、トランスミッションにも先代「ゴルフGTI」が採用していた6段DSGを搭載する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る