「日産ジューク」に“GT-Rカラー”の特別限定車

2013.12.02 自動車ニュース
「日産ジューク16GT プレミアムパーソナライズパッケージ」
「日産ジューク16GT プレミアムパーソナライズパッケージ」
    拡大

「日産ジューク」に“GT-Rカラー”の特別限定車

日産自動車は2013年12月2日、コンパクトSUV「ジューク」に特別仕様車「プレミアムパーソナライズパッケージ」を設定し、300台の台数限定で同年12月17日に発売すると発表した。

今回のプレミアムパーソナライズパッケージは、2013年8月に発売した特別仕様車「パーソナライズパッケージ」をもとに、専用のエクステリアカラーを施したものである。

具体的には「16GT FOUR Type V」「16GT Type V」「15RX Type V」の3グレードをベースに、ボディーカラーに「ミッドナイトパープルIV」を採用。この色は「スカイラインGT-R(R34)」に設定のあった「ミッドナイトパープルIII」を再現したもので、見る角度や光の当たり方で、青紫、赤紫、赤、オレンジと、見え方が変化するという。

このほかにも、高輝度シルバー色のアウトサイドドアハンドルとサイドミラー、同車専用の17インチアルミホイールなどを特別装備。インテリアでは、グロスブラックのフロントセンターコンソールとパワーウィンドウフィニッシャーを採用している。

なお、今回の限定モデル発売と合わせ、既存のパーソナライズパッケージはエントリーグレードの「15RS」にも設定を拡大している。

価格は以下の通り。
・15RSパーソナライズパッケージ:172万950円
・15RXプレミアムパーソナライズパッケージ:209万550円
・16GTプレミアムパーソナライズパッケージ:237万1950円
・16GT FOURプレミアムパーソナライズパッケージ:263万4450円

(webCG)
 

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る