ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

2013.12.04 自動車ニュース
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」

ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

本田技研工業は2013年12月3日、2014年シーズンのFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に投入する参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」のスケッチを発表した。

 

2014年シーズンのWTCCは、レギュレーションの変更により外観・空力パーツなどの自由度が高まり、タイヤ幅も広げられる。これらの変更を踏まえ、ホンダは新型シビックWTCCについて、「シャープなスタイルを実現し、パワーアップした新エンジンを搭載することで、さらにダイナミックなレースが期待できる」としている。

また2014年シーズンの参戦体制については、ガブリエル・タルキーニ(Gabriele Tarquini)選手とティアゴ・モンテイロ(Tiago Monteiro)選手を擁するワークスチームに加え、2つのプライベートチームにもマシンを供給する。

1つは2013年シーズンからマシンを供給しているハンガリーの「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」で、ノルベルト・ミケリス(Norbert Michelisz)選手がドライバーを担当。もう1つは、新たに2014年シーズンからマシン供給を開始する「プロチーム レーシング(PROTEAM Racing)」で、モロッコのメディ・ベナーニ(Mehdi Bennani)選手がドライバーを務める。

ホンダは2014年シーズンでのドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得に向け、今後開発をさらに加速するとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る