ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

2013.12.04 自動車ニュース
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」
現在開発が進められている2014年シーズンのWTCC参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」

ホンダが新しいWTCC参戦車両のデザインを発表

本田技研工業は2013年12月3日、2014年シーズンのFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に投入する参戦車両「ホンダ・シビックWTCC」のスケッチを発表した。

 

2014年シーズンのWTCCは、レギュレーションの変更により外観・空力パーツなどの自由度が高まり、タイヤ幅も広げられる。これらの変更を踏まえ、ホンダは新型シビックWTCCについて、「シャープなスタイルを実現し、パワーアップした新エンジンを搭載することで、さらにダイナミックなレースが期待できる」としている。

また2014年シーズンの参戦体制については、ガブリエル・タルキーニ(Gabriele Tarquini)選手とティアゴ・モンテイロ(Tiago Monteiro)選手を擁するワークスチームに加え、2つのプライベートチームにもマシンを供給する。

1つは2013年シーズンからマシンを供給しているハンガリーの「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」で、ノルベルト・ミケリス(Norbert Michelisz)選手がドライバーを担当。もう1つは、新たに2014年シーズンからマシン供給を開始する「プロチーム レーシング(PROTEAM Racing)」で、モロッコのメディ・ベナーニ(Mehdi Bennani)選手がドライバーを務める。

ホンダは2014年シーズンでのドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得に向け、今後開発をさらに加速するとしている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る