ホンダ・オデッセイ G(8人乗り)(FF/CVT)/オデッセイ アブソルート EX(7人乗り)(FF/CVT)

名こそ惜しけれ 2013.12.06 試乗記 背の高いミニバンへと大変身を遂げた新型「オデッセイ」。その走りを箱根で確かめた。

残ったのは名前だけ?

あからさまな言い方をしてしまえば、残ったのは名前だけである。あえての4枚ヒンジドア、タワーパーキングに入庫可能な車高というこだわりをかなぐり捨てたのだ。「オデッセイ」の根幹の部分が失われてしまったと感じるのは自然だろう。しかもより大きなミニバンである「エリシオン」を廃止して統合するという措置がとられたわけだから、実質的にはそちらの後継車ではなかろうかと勘ぐった人も多いはずである。

ミニバンでありながら、セダンをしのぐ走りを実現する。そういうポリシーは、もう時代遅れなのか。実はかなり危惧しながら試乗の場に赴いたのだ。だが、それはまったくの杞憂(きゆう)だった。運転してみれば、これはまごうことなきオデッセイであり、洗練されたドライバーズカーだったのだ。

正直に言って、外観にはそれほどのインパクトを感じなかった。もちろんデザイナーは苦心してさまざまな仕掛けを施しているのだと思う。リアのタイヤハウスからフロントドアの下端に落としこむキャラクターラインや、スライドドアのレールをカムフラージュするようなエッジなど、功を奏している工夫もある。でも、ミニバンとしてある程度の大きさを確保し、両側スライドドアを採用すると、着地点は似通ってくるのも事実だ。

「オデッセイ G」の室内。エアコンのコントロールパネルには静電式のタッチパネルを採用する。
「オデッセイ G」の室内。エアコンのコントロールパネルには静電式のタッチパネルを採用する。
「オデッセイ G」の内装色はアイボリーが基調となる。
「オデッセイ G」の内装色はアイボリーが基調となる。

ホンダ・オデッセイ G(FF/CVT)/オデッセイ アブソルート EX(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る