ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ(FF/6AT)

緩急自在のフレンチロケット 2013.12.10 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたホットな「ルーテシア ルノースポール」。その中でも一段とハードな足まわりを持つ「シャシー カップ」に試乗した。その走りはいかに?

シャシーにワザあり

新型「ルーテシア」は標準型でも十分に魅力的であるが、よりパワフルな心臓とスポーティーな装いをもつ「ルノースポール(R.S.)」は特別な存在である。1.6リッター200psエンジンはゲトラグ製のツインクラッチ6段ATの面白さを一段と引き出しているし、18インチの大径ホイールとタイヤは、強化されたサスペンションとあいまってコーナーを攻める楽しみを倍加させる。

今回は「シャシー スポール」と「シャシー カップ」の2種類から選択できる。といっても、もともとノーマルとは異なる高性能仕様であるから、どちらを選んでも姿勢変化は少ないし、上限も常識外に硬いわけでもない。
数字で見ると、「カップ」のバネ定数は「スポール」に対して前で27%、後ろで20%高められているが、これは車高を3mm低くしてフリーハイトを短くした結果だろう。固められたスプリングよりも筆者の興味を引いたのは、HCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)という機構を用いたボトミング特性だ。

本来、フランス車はボトミング対策がうまく、その中でもルノー車は群を抜いている。フランスの道を走っていると、村や小さな街への出入り口には強制的に速度を落とさせるための大きな突起がよくある。不用意にそのままのスピードで進入してしまうと、乗り上げてビックリさせられることがあるが、それを承知であえて試してみると、その受け止め方に感心させられる。
フランス車が用いるプログレッシブレート(非線形特性)のゴム製バンプラバーの衝撃吸収能力は、予想(期待)を超えている。それに対してドイツ車や日本車のものは、比べるのもためらわれるレベルでしかない。

今回のR.S.は、その部分をさらに進化させたHCCで対応する。どこが違うのかといえば、ゴムは変形する(縮む)と反発する動きが残る。HCCはゴムをなくした部分のストロークを利して、極端に非線形特性を強めて強引に受け止め、かつ次なる動きとして反発せず、動きの方向が変わる際に伸び側の減衰力を高める。オイルは圧縮されないから、ガツンというメタルコンタクトのショックもない。この部分の剛性確保や精度が高度化された結果だろう。うまい手法である。

このHCCのバウンドからリバウンドへ動きの方向が変わる瞬間の出来事は実に興味深い。無造作にハードコーナリングを敢行したとしてもダンパーに底付き感はないし、ロールの揺り返しも感じさせず、挙動は至ってスムーズに移行する。
全体のバネレートを固めるよりも最後の砦(とりで)だけ強化する方が効果的に受け止められるし、それ以外のストローク域はソフトなレートで済ませられるから接地性を上げられ、かつ乗り心地もよくできる。コレは非常に賢いチューニング手法だ。

モータースポーツで培ったさまざまなノウハウが注ぎ込まれた「ルーテシア ルノースポール」。絶対的なパフォーマンスだけでなく、日常的な使用で欠かせない快適性も重視されている。
モータースポーツで培ったさまざまなノウハウが注ぎ込まれた「ルーテシア ルノースポール」。絶対的なパフォーマンスだけでなく、日常的な使用で欠かせない快適性も重視されている。
ルノーのM5M型1.6リッターの直噴4気筒ターボエンジンは、「ジューク」などに搭載される日産のMR16DDT(DIGターボ)型ユニットと基本的に同じもの。「ルーテシアR.S.」では200psと24.5kgmを発生する。
ルノーのM5M型1.6リッターの直噴4気筒ターボエンジンは、「ジューク」などに搭載される日産のMR16DDT(DIGターボ)型ユニットと基本的に同じもの。「ルーテシアR.S.」では200psと24.5kgmを発生する。
快適性にも配慮された「シャシー スポール」と、よりハードな走りに対応した「シャシー カップ」(試乗車)の2種のシャシーセッティングが用意される。フロントサスペンション(マクファーソンストラット)には、メインダンパーのハウジング内部に、バンプストップラバーの機能を持つセカンダリーダンパーを組み込むHCC技術を用いた“ダンパー・イン・ダンパー”が装着される。
快適性にも配慮された「シャシー スポール」と、よりハードな走りに対応した「シャシー カップ」(試乗車)の2種のシャシーセッティングが用意される。フロントサスペンション(マクファーソンストラット)には、メインダンパーのハウジング内部に、バンプストップラバーの機能を持つセカンダリーダンパーを組み込むHCC技術を用いた“ダンパー・イン・ダンパー”が装着される。
ブラックトリムの中に、それとは対照的なオレンジが配されたインテリア。シートベルト、メーターの針、各所のステッチやフィニッシャーがオレンジとされる。
ブラックトリムの中に、それとは対照的なオレンジが配されたインテリア。シートベルト、メーターの針、各所のステッチやフィニッシャーがオレンジとされる。
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
ホームへ戻る