GMが新型「キャデラックCTS」を日本に導入

2013.12.05 自動車ニュース
新型「キャデラックCTS」と、ゼネラルモーターズ・ジャパン代表取締役社長の石井澄人氏(右)、同社セールスマーケティングディレクターのグレッグ・セデウィッツ氏(左)。
新型「キャデラックCTS」と、ゼネラルモーターズ・ジャパン代表取締役社長の石井澄人氏(右)、同社セールスマーケティングディレクターのグレッグ・セデウィッツ氏(左)。

GMが新型「キャデラックCTS」を日本に導入

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年12月4日、新型「キャデラックCTS」を発表した。2014年4月12日に販売を開始する。

 

■一目でキャデラックと分かるデザインを追求

CTSは、「ATS」と「XTS」の間に位置するキャデラックのEセグメントモデルである。3代目となる新型は、昨今のキャデラック車の特徴であるV字型フォルムを踏襲しつつ、全長×全幅×全高=4970×1840×1465mmと従来モデルから全長を100mm拡大。一方でルーフラインやフードライン、ウインドシールド基部を約25mm下げることで、よりスリムで伸びやかなスタイリングを実現している。

またディテールでは、ヘッドランプをボンネットのラインにそって後方へ流れるようなデザインに変更したほか、バンパーのウインカーに連なる形で、縁にLEDランプを配置。リアにはLEDを用いた立体的な3層構造のテールランプを採用した。

一方、インテリアはドライバーを中心とした設計とされており、操作系やディスプレイには左右非対称のデザインを採用。インテリアトリムはベーシックグレードの「CTSラグジュアリー」にサペリウッド、上級グレードの「CTSエレガンス」にはカーボンファイバーを設定している。

■スマホ感覚でオーディオやエアコンを操作

全グレードに本革シートやヒーター内蔵の本革巻きステアリングホイールを採用するなど、装備は充実。前席にはシートヒーターとベンチレーション機能、メモリー機能付き電動調整機構も装備している。

またオーディオには、車内空間のノイズを打ち消すアクティブ・ノイズキャンセレーション機能を備えたBOSEプレミアムサウンドシステムを用意。オーディオやエアコン、Bluetooth通信などを統合制御するインターフェイスには、タッチパネルによってスマートフォンのような操作性を実現したという「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」を採用している。

このほかにも、プロジェクター型HIDヘッドランプには、ステアリングを切った方向に自動で光軸を向ける「アダプティブ・フォワード・ライティング」に加え、対向車を検知して自動でロービームとハイビームを切り替える機能も備わる。

 

■エンジンは2リッター直4ターボのみ

本国には3.6リッターV6エンジン搭載車も存在するが、日本仕様のパワーユニットはツインスクロールターボチャージャー付きの2リッター直4直噴エンジンのみで、最高出力は276ps、最大トルクは40.8kgm、燃費性能は9.8km/リッター(米国EPA燃費、複合モード)となっている。

軽量化についても重視しており、ドアやフロントサブフレームなど各所にアルミを採用。車両重量を従来モデルより7%軽い1680kg(CTSラグジュアリー)に抑えるとともに、FR車としては理想的とされる50:50の前後重量配分を実現している。また、ボディーの接合にスポット溶接と構造用接着剤を併用することで、車体の剛性を従来モデルから40%向上。敏しょうでレスポンスに優れるハンドリングと高い静粛性を実現したという。

サスペンションは、フロントがダブルピボット式のマルチリンク・マクファーソンストラット、リアがマルチリンク(5リンク)式の組み合わせ。CTSエレガンスには、磁性流体によってダンパーの減衰力を制御する「マグネティック・ライドコントロール」を標準装備している。

ボディーカラーは、CTSエレガンスではセーブルブラック、CTSラグジュアリーではラジアントシルバーが標準。オプションでレッドオブセッション、ホワイトダイヤモンド、ブラックダイヤモンドの3色を用意している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・CTSラグジュアリー:599万円
・CTSエレガンス:699万円
※8%消費税込み価格

(webCG)
 

関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみた
    2017.2.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • 第1回:編集部に「CTS」がやって来た
    「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート
    2017.2.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> いつもより長い時間じっくりテストして、そのクルマと過ごす毎日をさまざまな角度からリポートするのがwebCGの「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る