フォードが新型「マスタング」の概要を公開

2013.12.05 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」

フォードが新型「マスタング」の情報を公開

米フォードは2013年12月5日、正式な発表に先立って新しい「マスタング」の概要を公表した。

2014年4月に誕生50周年を迎えるマスタングは、これまで北米をメインマーケットに想定したモデルだった。しかし、ニューモデルはヨーロッパおよびアジアも新たなマーケットに取り込むべく開発された。このためより正確なハンドリングや乗り心地を得るべく、ついにリアサスペンションをインテグラルリンクと名付けた独立縣架(けんか)に改めている。

エンジンは合計3種。改良された5リッターV8エンジン(420ps、53.9kgm)を頂点に、新たに導入される直噴ターボのエコブースト2.3リッター直4(304ps、41.5kgm)、それにやはり改良された3.7リッターV6(295ps、37.3kgm)が用意される。ボディーはクーペとコンバーチブルの2種が用意され、クーペについてはファストバックスタイルが復活した。コンバーチブルのソフトトップは従来モデルと比較して2倍のスピードで開くことができるという。また、トランスミッションはマニュアルとATが用意されるというが、詳しい内容についてはまだ明らかにされていない。ただ、ATにはパドルシフトがつくという。

このあと、日本時間午後9時30分に正式発表が行われる。

(文=中村孝仁)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る