フォードが新型「マスタング」の概要を公開

2013.12.05 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」

フォードが新型「マスタング」の情報を公開

米フォードは2013年12月5日、正式な発表に先立って新しい「マスタング」の概要を公表した。

2014年4月に誕生50周年を迎えるマスタングは、これまで北米をメインマーケットに想定したモデルだった。しかし、ニューモデルはヨーロッパおよびアジアも新たなマーケットに取り込むべく開発された。このためより正確なハンドリングや乗り心地を得るべく、ついにリアサスペンションをインテグラルリンクと名付けた独立縣架(けんか)に改めている。

エンジンは合計3種。改良された5リッターV8エンジン(420ps、53.9kgm)を頂点に、新たに導入される直噴ターボのエコブースト2.3リッター直4(304ps、41.5kgm)、それにやはり改良された3.7リッターV6(295ps、37.3kgm)が用意される。ボディーはクーペとコンバーチブルの2種が用意され、クーペについてはファストバックスタイルが復活した。コンバーチブルのソフトトップは従来モデルと比較して2倍のスピードで開くことができるという。また、トランスミッションはマニュアルとATが用意されるというが、詳しい内容についてはまだ明らかにされていない。ただ、ATにはパドルシフトがつくという。

このあと、日本時間午後9時30分に正式発表が行われる。

(文=中村孝仁)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
ホームへ戻る