フォードが新型「マスタング」の概要を公開

2013.12.05 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」

フォードが新型「マスタング」の情報を公開

米フォードは2013年12月5日、正式な発表に先立って新しい「マスタング」の概要を公表した。

2014年4月に誕生50周年を迎えるマスタングは、これまで北米をメインマーケットに想定したモデルだった。しかし、ニューモデルはヨーロッパおよびアジアも新たなマーケットに取り込むべく開発された。このためより正確なハンドリングや乗り心地を得るべく、ついにリアサスペンションをインテグラルリンクと名付けた独立縣架(けんか)に改めている。

エンジンは合計3種。改良された5リッターV8エンジン(420ps、53.9kgm)を頂点に、新たに導入される直噴ターボのエコブースト2.3リッター直4(304ps、41.5kgm)、それにやはり改良された3.7リッターV6(295ps、37.3kgm)が用意される。ボディーはクーペとコンバーチブルの2種が用意され、クーペについてはファストバックスタイルが復活した。コンバーチブルのソフトトップは従来モデルと比較して2倍のスピードで開くことができるという。また、トランスミッションはマニュアルとATが用意されるというが、詳しい内容についてはまだ明らかにされていない。ただ、ATにはパドルシフトがつくという。

このあと、日本時間午後9時30分に正式発表が行われる。

(文=中村孝仁)
 

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る