第325回:世界にまだない「全バーチャルコンパニオン」で競え?
大矢アキオ流 東京ショー2013追想

2013.12.06 エッセイ

お楽しみあり、学びあり

第43回東京モーターショーが2013年12月1日に閉幕した。すでに報道されているとおり、前回ショーを7%上回る90万2800人の来場者を記録した。

ボクの関心はプレスデイではなく、一般公開日であった。プロではなく、普通の人々がどんなものに注目しているのか興味があったからである。
そこでボクは、「ゆりかもめ」で東京モーターショー会場の駅からひとつ隣の駅にある、お台場メガウェブで11月28日から29日の2日間開催された「イタリアンカートークショー」に出演させていただいたついでに、一般公開日のショー会場へと足を向けてみた。

エンターテインメント性で抜群だったのは、「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンスである。タイムレスというか「Oh、モーレツ!」風なコスチュームのコンパニオン2人がアシスタントたちの手を借りながら、ボディーパネルを次々と張り替えてゆくものであった。
もちろんステージ用なので、難しい接合メカニズムはなく、マグネットである。だが、そのシンプルな視覚的リズムと楽しさは、一般公開日の来場者をおおいに引きつけたようで、毎回ショータイムになると黒山の人だかりができた。その熱気は、かつてGMが米国各地で巡回・展開した新車ショー「モトラマ」をイメージさせた。

いっぽうで、主要乗用車メーカー以外のブースもめぐった。
まず、訪ねたのはシートメーカーである。ここでのボクの素朴な疑問は、「なぜ、欧州車は、日本のように一発でバタンとバックレストが倒れるシートを採用しないのか?」である。
この疑問に対して、対応してくれた担当者の方は「ヨーロッパでは、ダイヤルによって無段階に角度が微妙に調節できるタイプのほうが好まれるのです」と教えてくれた。イタリアでサービスエリアに入ると途端に眠くなるボクとしては、欧州車にも日本式を導入してほしいと、切に願うのだが、そうはいかないらしい。ただし、日本車でもパワーシートは、「簡単に説明すると、欧州車のようなダイヤル式にモーターを付けたものです」とも教えてもらった。

シートといえば、毎回気になるのは、日本製路線バスの内装である。今回見せてもらったのは、「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」だ。
残念ながらその内装デザインは、前回と比べて格段にリファインされたとは言い難かった。しかし、説明員の方の話を聞くと、そう簡単なものではないことも判明した。
「バリアフリー法」「ノンステップ認定制度」のふたつをクリアするバスを造るためには、視覚障害をもつ方々を考慮したシート色および出入り口とわかるフロアの色を採用する必要があるという。その解決策として、座席色はシートメーカー主導によるブルー、出入り口付近は鮮やかなイエローが用いられるというのだ。これまで、「欧州の洗練されたバス内装デザインを、日本も見習って」と重ね重ね記してきたボクだが、これは困った。願わくば、欧州メーカーと日本メーカーが競いあい、こうした視覚障害をもつ人々にも優しいデザインを、よりリファインできたらと思ったのであった。

一般公開日、三菱自動車のショータイム。
一般公開日、三菱自動車のショータイム。
「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンス。スタート前には「着せ替えショーが始まります!」というスタッフの呼び込みボイスが響いていた。
「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンス。スタート前には「着せ替えショーが始まります!」というスタッフの呼び込みボイスが響いていた。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」のシート。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」のシート。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」の優先席。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」の優先席。
自動化への過信に対する無言の警鐘? プレスセンターの洗面台で見た光景。
自動化への過信に対する無言の警鐘? プレスセンターの洗面台で見た光景。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。