ダイハツ・タントG“SA”(FF/CVT)

がんばれ“ガラ軽”! 2013.12.15 試乗記 3代目となる新型「ダイハツ・タント」に試乗。ニッポンの道に特化した、軽乗用車の魅力と課題に触れた。

日本の道にジャストフィット

いまや日本の自動車メーカーが日本で作り、国内で販売する乗用車の2台に1台が軽自動車。2013年の軽自動車の新車販売は210万台前後と、過去最高を記録するのが確実だという。
こう聞くと、「やっぱこのご時世、安くて維持費がかからない軽が売れるよな~」と思いがちだ。けれども、この秋にフルモデルチェンジを受けた「ダイハツ・タント」に乗ると、コストだけが軽人気の理由ではないことがわかる。

ダイハツの広報車両の受け渡し場所は、“もんじゃタウン”こと東京は月島にある。「タント カスタム」にはよりパワフルなターボエンジンも用意されるけれど、タントは3気筒658ccの自然吸気エンジンのみの設定で、トランスミッションはCVT(無段変速機)が組み合わされる。(※2013年12月12日に、標準モデル「タント」にもターボ車を設定)
FFと4WDが用意されるなかで、今回お借りしたのはFF仕様。豪華装備の「G“SA”」というグレードだ。駐車場を出発して、一本道を間違えて下町の狭い路地に踏み込んでしまっても、くるっくるっと小回りがきくタントなら涼しい顔でクリアできる。

都市部にばかりいるとわからないけれど、日本の道路の約84%は道幅平均3.8mという狭い市町村道。生活道路の実情は、東京オリンピックの頃に急いで整備した時からそれほど変わっていないのだ。
全幅1480mm以下というのが現在の軽自動車規格で、一方1966年に登場した「トヨタ・カローラ」の全幅が1485mm。つまり今日の軽自動車の幅は、道路が整備された頃の実用車のサイズと一致している。すれ違いや駐車する時に、「やっぱ軽は楽だわ」と思うのは、あたりまえのことなのだ。
軽自動車は「日本でしか通用しないガラパゴス車」と言われることもある。けれども小柄なガラパゴスペンギンと同じで、軽自動車の成り立ちは生活環境に合わせたもの。ガラパゴスで何が悪い、と思う。

自宅駐車場に連れ帰って、モデルチェンジされた部分を確認する。最大の変更点は、従来型では普通のヒンジ式だった運転席側(右側)の後席ドアがスライド式になったこと。ちなみに助手席側(左側)後席ドアは、以前からスライド式である。
資料によると、前後に240mmもスライドする後席を一番後ろに下げると、後席ドアから自転車を積むことができるとある。ママチャリで試してみると、確かにすっぽりと入った。楽々と自転車を積み込むことができる「ホンダN BOX+」の登場に舌打ちしていたダイハツのディーラーの方も、これでひと安心だろう。

日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと取りまわしのよさは、軽乗用車ならではの強み。「タント」の最小回転半径は4.4m。これは平均的なBセグメントのコンパクトカーよりさらに小さいものだ。
日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと取りまわしのよさは、軽乗用車ならではの強み。「タント」の最小回転半径は4.4m。これは平均的なBセグメントのコンパクトカーよりさらに小さいものだ。
大きな単眼のセンターメーターが特徴的なインパネまわり。前方視界を確保するため、ダッシュボードの上面は平坦なデザインとなっている。
大きな単眼のセンターメーターが特徴的なインパネまわり。前方視界を確保するため、ダッシュボードの上面は平坦なデザインとなっている。
新型「タント」は従来モデルから助手席側のピラーレスドアを継承。またヒンジ式だった運転席側のリアドアを、スライド式に変更した。
新型「タント」は従来モデルから助手席側のピラーレスドアを継承。またヒンジ式だった運転席側のリアドアを、スライド式に変更した。
「タント」のラインナップの中でも、グレード名に“SA”の文字が付いているものには、プリクラッシュブレーキやAT誤発進抑制制御機能などからなる安全運転支援システム「スマートアシスト」が装備される。
「タント」のラインナップの中でも、グレード名に“SA”の文字が付いているものには、プリクラッシュブレーキやAT誤発進抑制制御機能などからなる安全運転支援システム「スマートアシスト」が装備される。
テスト車にはメーカーオプションのカーナビに加え、販売店オプションとして後席モニターやカーペットマット、ETC車載器などが装備されていた。価格は3点合計で11万3970円。
テスト車にはメーカーオプションのカーナビに加え、販売店オプションとして後席モニターやカーペットマット、ETC車載器などが装備されていた。価格は3点合計で11万3970円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)/ムーヴX“SA”(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.9 試乗記 これからの軽ワゴンは「走り」で勝負? 軽市場における王座奪還のため、ダイハツが満を持して投入した新型「ムーヴ」の実力を試した。
ホームへ戻る