新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表

2013.12.06 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング コンバーチブル」

新型「フォード・マスタング」、世界6カ所で発表

米フォードは2013年12月5日、新型「フォード・マスタング」を発表した。

 
 
 
 
 

■狙うはグローバル市場

発表の舞台となったのは、ロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイト、バルセロナ、上海、そしてシドニーの世界4カ国、6都市。時間帯が深夜となるロサンゼルスだけは6時間遅れとなるが、そのほかの5都市では同時発表となった。

このうち、シドニーでは発表会場となったオーストラリアン・テクノロジーパークに、現行モデルの「シェルビーGT500」をはじめとした500台の歴代「マスタング」を展示。夜の11時半(現地時間)をまわった時、オーストラリアのジャーナリストを中心とした250人が見守る中、レッドカーペットの上をベールをまくり上げながら会場内に入ってきたのは、新しい「マスタング コンバーチブル」だった。

実車を見ると、新型は現行モデルの特長を色濃く受け継いだものとなっており、マスタングならではの強烈な個性を周囲に放つ。グローバルモデルとして開発が進められた今回のマスタングは、形こそ現行モデルのDNAを受け継いでいると思えたが、3つの点でこれまでとは別物になった。
1つは、その市場がアメリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、さらにオセアニアに拡大したという点。2つ目は特に右ハンドル車しか走れないオーストラリア市場に今回初めて導入されるため、右ハンドル仕様が用意されるという点。そして3つ目はハンドリングと乗り心地を世界レベルに高めるため、ついに量産のマスタングとしては初となる4輪独立縣架(けんか)を採用したことである。

市場ごとの細かいスペックなどはあまり話されなかったが、現時点でわかっていることは、5リッターV8、3.7リッターV6、2.3リッター直4ターボの3種のエンジンが用意されること。MT、ATのトランスミッションが用意されること、そしてATにはパドルシフトがつくということである。アメリカ仕様のスペックでは5リッターV8が420ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm、3.7リッターV6が300ps/6500rpm、37.3kgm/4000rpm、直4エコブーストの2.3リッターエンジンが305ps/5500rpm、41.5kgm/2500-4500rpmの性能がうたわれている。ちなみにトップスピードはV8モデルで249km/hだという。

足まわりはまったく新しくなっており、フロントにダブルボールジョイントのマクファーソンストラット、リアはインテグラルインクと称する、トーリンクを加えたマルチリンク形式のサスペンションを採用している。
インテリアには、ついにナビゲーションも使えそうなディスプレイが用意された。

販売は、北米で2014年秋からを予定している。

(文と写真=中村孝仁)
 

 

 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • シボレー・カマロNEW 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る