新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表

2013.12.06 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング コンバーチブル」
新型「フォード・マスタング コンバーチブル」

新型「フォード・マスタング」、世界6カ所で発表

米フォードは2013年12月5日、新型「フォード・マスタング」を発表した。

 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像

■狙うはグローバル市場

発表の舞台となったのは、ロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイト、バルセロナ、上海、そしてシドニーの世界4カ国、6都市。時間帯が深夜となるロサンゼルスだけは6時間遅れとなるが、そのほかの5都市では同時発表となった。

このうち、シドニーでは発表会場となったオーストラリアン・テクノロジーパークに、現行モデルの「シェルビーGT500」をはじめとした500台の歴代「マスタング」を展示。夜の11時半(現地時間)をまわった時、オーストラリアのジャーナリストを中心とした250人が見守る中、レッドカーペットの上をベールをまくり上げながら会場内に入ってきたのは、新しい「マスタング コンバーチブル」だった。

実車を見ると、新型は現行モデルの特長を色濃く受け継いだものとなっており、マスタングならではの強烈な個性を周囲に放つ。グローバルモデルとして開発が進められた今回のマスタングは、形こそ現行モデルのDNAを受け継いでいると思えたが、3つの点でこれまでとは別物になった。
1つは、その市場がアメリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、さらにオセアニアに拡大したという点。2つ目は特に右ハンドル車しか走れないオーストラリア市場に今回初めて導入されるため、右ハンドル仕様が用意されるという点。そして3つ目はハンドリングと乗り心地を世界レベルに高めるため、ついに量産のマスタングとしては初となる4輪独立縣架(けんか)を採用したことである。

市場ごとの細かいスペックなどはあまり話されなかったが、現時点でわかっていることは、5リッターV8、3.7リッターV6、2.3リッター直4ターボの3種のエンジンが用意されること。MT、ATのトランスミッションが用意されること、そしてATにはパドルシフトがつくということである。アメリカ仕様のスペックでは5リッターV8が420ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm、3.7リッターV6が300ps/6500rpm、37.3kgm/4000rpm、直4エコブーストの2.3リッターエンジンが305ps/5500rpm、41.5kgm/2500-4500rpmの性能がうたわれている。ちなみにトップスピードはV8モデルで249km/hだという。

足まわりはまったく新しくなっており、フロントにダブルボールジョイントのマクファーソンストラット、リアはインテグラルインクと称する、トーリンクを加えたマルチリンク形式のサスペンションを採用している。
インテリアには、ついにナビゲーションも使えそうなディスプレイが用意された。

販売は、北米で2014年秋からを予定している。

(文と写真=中村孝仁)
 

 

 

 

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る