新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表

2013.12.06 自動車ニュース
新型「フォード・マスタング コンバーチブル」
新型「フォード・マスタング コンバーチブル」

新型「フォード・マスタング」、世界6カ所で発表

米フォードは2013年12月5日、新型「フォード・マスタング」を発表した。

 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像
 
新型フォード・マスタング、世界6カ所で発表の画像

■狙うはグローバル市場

発表の舞台となったのは、ロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイト、バルセロナ、上海、そしてシドニーの世界4カ国、6都市。時間帯が深夜となるロサンゼルスだけは6時間遅れとなるが、そのほかの5都市では同時発表となった。

このうち、シドニーでは発表会場となったオーストラリアン・テクノロジーパークに、現行モデルの「シェルビーGT500」をはじめとした500台の歴代「マスタング」を展示。夜の11時半(現地時間)をまわった時、オーストラリアのジャーナリストを中心とした250人が見守る中、レッドカーペットの上をベールをまくり上げながら会場内に入ってきたのは、新しい「マスタング コンバーチブル」だった。

実車を見ると、新型は現行モデルの特長を色濃く受け継いだものとなっており、マスタングならではの強烈な個性を周囲に放つ。グローバルモデルとして開発が進められた今回のマスタングは、形こそ現行モデルのDNAを受け継いでいると思えたが、3つの点でこれまでとは別物になった。
1つは、その市場がアメリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、さらにオセアニアに拡大したという点。2つ目は特に右ハンドル車しか走れないオーストラリア市場に今回初めて導入されるため、右ハンドル仕様が用意されるという点。そして3つ目はハンドリングと乗り心地を世界レベルに高めるため、ついに量産のマスタングとしては初となる4輪独立縣架(けんか)を採用したことである。

市場ごとの細かいスペックなどはあまり話されなかったが、現時点でわかっていることは、5リッターV8、3.7リッターV6、2.3リッター直4ターボの3種のエンジンが用意されること。MT、ATのトランスミッションが用意されること、そしてATにはパドルシフトがつくということである。アメリカ仕様のスペックでは5リッターV8が420ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm、3.7リッターV6が300ps/6500rpm、37.3kgm/4000rpm、直4エコブーストの2.3リッターエンジンが305ps/5500rpm、41.5kgm/2500-4500rpmの性能がうたわれている。ちなみにトップスピードはV8モデルで249km/hだという。

足まわりはまったく新しくなっており、フロントにダブルボールジョイントのマクファーソンストラット、リアはインテグラルインクと称する、トーリンクを加えたマルチリンク形式のサスペンションを採用している。
インテリアには、ついにナビゲーションも使えそうなディスプレイが用意された。

販売は、北米で2014年秋からを予定している。

(文と写真=中村孝仁)
 

 

 

 

関連キーワード:
マスタングマスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)【試乗記】 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る