マツダが「ロードスター」を一部改良

2013.12.06 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRS」
「マツダ・ロードスターRS」

マツダが「ロードスター」を一部改良

マツダは2013年12月6日、オープン2シータースポーツ「ロードスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、これまでアルミホイールとのセットオプションだったレカロ社製バケットシート(アルカンターラ/本革)を、シートヒーターとともに「RS」「RS RHT」に16万8000円の単独オプションとして設定。フォグランプをパワーリトラクタブルハードトップ車の全グレードと、ソフトトップ車の「RS」に標準装備した。

またソフトトップ車のルーフの生地を、従来のビニール素材からブラックのクロス地に変更。クルマの横滑りを抑制するDSC(ダイナミックスタビリティーコントロールシステム)+TSC(トラクションコントロールシステム)と、ステアリングシフトスイッチを、パワーリトラクタブルハードトップ車のエントリーグレード「S RHT」にも標準で採用した。

価格はソフトトップ車が233万1000円~262万5000円、パワーリトラクタブルハードトップ車が273万円~294万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る