マツダ・アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/アクセラスポーツ15S(FF/6AT)/アクセラハイブリッドHYBRID-S Lパッケージ(FF/CVT)

世界に誇れる日本車 2013.12.12 試乗記 フルモデルチェンジで3代目にバトンタッチした、マツダの世界戦略車「アクセラ」。果たして、どのような進化を遂げたのか? 2種類のガソリン車と、ハイブリッド車で確かめた。

気迫の伝わるニューモデル

いまから10年前(2003年)に「ファミリア」からそのポジションを受け継ぎ、日本以外の市場では「マツダ3」と名を変えて販売されているのが「アクセラ」だ。累計販売台数は、370万台以上。いまや、全マツダ車の約3割を占めるという最量販モデルになっている。

昨今では、ヒットを当てたSUVの「CX-5」も重要な収益源になっていることは容易に想像がつく。が、このアクセラをセンターポジションとして上に「アテンザ」、下に「デミオ」と連なるこの3兄弟をマツダの基幹モデルと考えて間違いない。

人的にも資金的にもゆとりのある、さらに大きなメーカーならば、そんな基幹モデルを核としつつ、基本は変わらない派生モデルを“着回し”でもするかのように次々と生み出し、手を替え品を替えてはニッチな需要を掘り起こすという戦略が使えるかもしれない。
が、年産80数万台程度という規模のマツダの場合、そんなことをする余裕はない。だからだろうか、ひとつひとつのモデルに「失敗など許されない」という気迫が漲(みなぎ)っていうように感じられる。それは、このところ現れたマツダ車を見るたびに伝わってくる、おそらく間違いのない印象なのだ。

試乗会場にずらりと並んだ、新型「アクセラ」。今回はガソリン車とハイブリッド車をテストした。
試乗会場にずらりと並んだ、新型「アクセラ」。今回はガソリン車とハイブリッド車をテストした。
「魂動(こどう)」と呼ばれる最新のデザインテーマが採用された「アクセラスポーツ」のサイドビュー。
「魂動(こどう)」と呼ばれる最新のデザインテーマが採用された「アクセラスポーツ」のサイドビュー。
インテリアの様子。デザインに際し、運転席には包まれ感を、助手席には開放感と安心感を与えたという。
インテリアの様子。デザインに際し、運転席には包まれ感を、助手席には開放感と安心感を与えたという。
 
マツダ・アクセラスポーツ20S/アクセラスポーツ15S/アクセラハイブリッドHYBRID-S【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る