ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)

スーパースポーツの新たな定義 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!

電気とカーボンの武者

深夜便で羽田をたち、2回の乗り継ぎを経てほぼ24時間をかけてスペインはバレンシアまで来たというのに、天気は朝から大雨。サーキットに着く頃には雨こそ上がっていたものの、ミシュラン・パイロットスポーツ・カップはウエットでのスポーツ走行向きとはいえず、路面が乾くまで出番を待たされることになってしまった。

待つこと約5時間。午後になって日が差しはじめたコースに、いよいよ出撃の時が来た。今回の目的は、「ポルシェ918スパイダー」のテストドライブである。

ニュルブルクリンク北コースでの6分58秒という驚異的なラップタイムが目をひく918スパイダーだが、目的は速さだけではなく、今後の量産車に使用する技術のテストベッドとしての役割も大きい。つまり、かつての「959」や「カレラGT」などと同様の大義を背負って開発されたと言うことができるだろう。

実際、その内容は極めて革新的だ。ボディーは軽量・高剛性のCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製。パワートレインは最高出力608psを発生するV型8気筒4.6リッターユニットに、156psを発生する電気モーターで後輪を駆動し、さらに前輪駆動用に129psのモーターをも備える。システム最高出力は、実に887psだ。リチウムイオンバッテリーの容量は6.8kWhで、外部電源による充電が可能なプラグインハイブリッドとなっており、0-100km/hを2.6秒で加速する動力性能の一方で、100km走行に必要な燃料はわずか3.1リッターという驚異的な燃費をも両立させているのだ。

レーシーな3連メーターを備える一方、センターパネルはタッチスクリーンとされたサイバーな印象の室内に乗り込み、ポルシェの流儀でステアリングコラム左側に置かれるキーをひねる。しかしエンジンはすぐには目覚めず、眼前のメーターには「E-POWER」そして「READY」の文字が表示される。走行モードはステアリングスイッチで変更可能だが、まずはこの電気走行モードのまま発進する。

アクセルペダルを思い切り踏み込む。すると918スパイダーはエンジンの唸(うな)りを発生させることなく、しかしまさに蹴飛ばされるような勢いで飛び出し、瞬く間に150km/hの高みまで加速していったのだった。この一瞬で、もはや心はわしづかみである。

試乗の舞台はスペイン・バレンシアサーキット。1周4.051km、左回りのレイアウトをとる。
試乗の舞台はスペイン・バレンシアサーキット。1周4.051km、左回りのレイアウトをとる。
センターモノコックはカーボン製。サイドシルにその地肌がのぞく。センターコンソールがなだらかな傾斜を描くコックピットデザインは「カレラGT」に通じている。
センターモノコックはカーボン製。サイドシルにその地肌がのぞく。センターコンソールがなだらかな傾斜を描くコックピットデザインは「カレラGT」に通じている。
メーターは3眼式。中央のタコメーターの周囲には「パワーメーター」が配置されており、上半分(白色LED)がエンジンの出力を、下半分(緑色LED)がモーターの出力や回生状態を、それぞれ示すようになっている。
メーターは3眼式。中央のタコメーターの周囲には「パワーメーター」が配置されており、上半分(白色LED)がエンジンの出力を、下半分(緑色LED)がモーターの出力や回生状態を、それぞれ示すようになっている。
センターコンソールの上段には縦長の7インチタッチパネルが置かれる。その下もタッチパネルとなっており、オーディオやエアコンなどのスイッチ類が配されている。
センターコンソールの上段には縦長の7インチタッチパネルが置かれる。その下もタッチパネルとなっており、オーディオやエアコンなどのスイッチ類が配されている。
可動式の大型リアスポイラー、カーボン製のディフューザー、そして大胆な造形のエアアウトレットが、リアビューにただならぬ迫力を与えている。
可動式の大型リアスポイラー、カーボン製のディフューザー、そして大胆な造形のエアアウトレットが、リアビューにただならぬ迫力を与えている。
関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る