第326回:ジウジアーロの新トリビア! パスタ第2弾&映画にも出演!?

2013.12.13 エッセイ

ついにアウディからディレクター?

ドイツの複数の自動車専門メディアがこのほど伝えたところによると、現アウディのチーフデザイナー、ヴォルフガング・エッガー氏が、フォルクスワーゲン(以下、VW) グループ傘下にあるイタルデザイン-ジウジア-ロのデザイン部長に就任する予定であるという。

エッガー氏は1963年ドイツ生まれ。ミラノで工業デザインを学んだあと、フィアットに入社。アルファ・ロメオ部門に配属された。一時期VWグループのスペイン法人セアトに籍を置いたが、後年フィアットグループに復帰。ランチアに次いで再びアルファ・ロメオを担当した。当時スーパースポーツカー「8Cコンペティツィオーネ」(2006年)を手がけている。
しかし2007年VWグループに移籍し、アウディおよびランボルギーニのデザイン責任者となった。主な仕事に「A6セダン」や「A3」がある。

VWグループは2010年春、イタルデザイン-ジウジアーロ株の90.1%を取得し、傘下に収めた。VWグループデザインを統括するワルター・デ・シルヴァ氏が筆者に語ったところによれば「欧州、米国など世界的に展開するデザイン体制の一拠点として、今後は機能してゆく」という。

今回の報道に関して、目下アウディはコメントを控えている。
だが、もしエッガー氏の移籍が実現すれば、1968年以来続くイタルデザイン-ジウジアーロの歴史で初めて外部からのデザイン責任者を迎えることになり、VWグループデザインによる影響力がさらに高い段階へと達するとみられる。

イタルデザイン-ジウジアーロの近作から。2012年のジュネーブショーで発表したコンセプトカー「ブリヴィド」。
ジョルジェット・ジウジアーロ会長。
筆者と話すジョルジェット・ジウジアーロ氏。2013年夏撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。