デザイン一新、日産が新型エクストレイルを発表

2013.12.11 自動車ニュース
新型「日産エクストレイル」と片桐隆夫 日産自動車副社長(右)、発表会のスペシャルゲストとして登場したプロスノーボーダーの角野友基選手(中央)、司会を務めたDJのピストン西沢さん(左)。
新型「日産エクストレイル」と片桐隆夫 日産自動車副社長(右)、発表会のスペシャルゲストとして登場したプロスノーボーダーの角野友基選手(中央)、司会を務めたDJのピストン西沢さん(左)。

デザイン一新、日産が新型「エクストレイル」を発表

日産自動車は2013年12月11日、新型「エクストレイル」を同年12月16日に発売すると発表した。


デザイン一新、日産が新型エクストレイルを発表の画像

デザイン一新、日産が新型エクストレイルを発表の画像

デザイン一新、日産が新型エクストレイルを発表の画像

デザイン一新、日産が新型エクストレイルを発表の画像
日産は、新型「エクストレイル」のハイブリッド車を2014年内をめどに発売する予定。それまでは従来モデルのディーゼルエンジン搭載車を継続販売する。
日産は、新型「エクストレイル」のハイブリッド車を2014年内をめどに発売する予定。それまでは従来モデルのディーゼルエンジン搭載車を継続販売する。

3代目となる新型エクストレイルは、従来モデルから「アウトドアレジャーで気兼ねなく使えるSUV」というコンセプトは受け継ぎつつ、スタイリングを一新。従来の角張ったものから、丸みを帯びたデザインに変更した。

駆動方式はFFと4WDの2種類で、4WDの駆動システムには「ヒルスタートアシスト」や「アドバンスドヒルディセントコントロール」「ヨーモーメントコントロール」などの機能を備えた「ALL MODE 4×4-i」を従来モデルから踏襲。一方で、「アクティブライドコントロール」「アクティブエンジンブレーキ」「コーナリングスタビリティーアシスト」などの新機能を投入することで、乗り心地や運転のしやすさ、安全性などを向上させている。

パワーユニットには新開発の2リッター直4直噴エンジン「MR20DD」を採用。新型エクストロニックCVTの採用や空気抵抗の低減、ボディーの軽量化などとも相まって、FF車で16.4km/リッター、4WD車で15.6~16.0km/リッターの燃費性能を実現している(いずれもJC08モード)。

装備も充実しており、プリクラッシュブレーキや車線逸脱警報、踏み間違い衝突防止アシスト機能などを備えた「エマージェンシーブレーキ パッケージ」装着グレードを設定。2列5人乗り仕様に加え、「20S」を除く全グレードに3列7人乗り仕様を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

・20X(2列シート、FF/CVT):224万9100円
・20X(3列シート、FF/CVT):231万9450円
・20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート、FF/CVT):232万6800円
・20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(3列シート、FF/CVT):239万7150円
・20S(2列シート、4WD/CVT):225万9600円
・20X(2列シート、4WD/CVT):244万9650円
・20X(3列シート、4WD/CVT):252万円
・20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート、4WD/CVT):252万7350円
・20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(3列シート、4WD/CVT):259万7700円
・20X エクストリーマーX(2列シート、4WD/CVT):264万9150円
・20X エクストリーマーX(3列シート、4WD/CVT):271万9500円
・20X エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート、4WD/CVT):272万6850円
・20X エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”(3列シート、4WD/CVT):279万7200円

(webCG)

→新型「日産エクストレイル」のより詳細な写真はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る